【お知らせ】フリントリバーランチ販売終了のお知らせ!【詳しくはこちらをクリック】  【うれしいお知らせ】フリントリバーランチを超える究極のグレインフリーペットフード「ヤングアゲイン」の販売を開始しました。関連ページは現在工事中です。ご質問等は、カスタマーサポートまでお気軽にお問い合わせください。

今ご注文いただくと、


         発送予定です。

あくまで目安です。状況により異なります。

フリントリバーランチ販売再開に伴い、フリントリバーランチ社前社長からのメッセージ

フリントリバーランチ社の公式ホームページに掲載されたメッセージを下記、ご紹介させていただきます。

フリントリバーランチ社 前社長のメッセージ2016年3月24日木曜日

フリントリバーランチに戻ってきてくださったお客様を心より歓迎いたします。
業務を再開し、再びご愛用の大好きなフォーミュラを出荷できることを大変喜ばしく思います。

当面は、出荷できる商品が制限されます。需要が増し、出荷作業が滞りなく行えるようになりましたら、お届けできる製品を追加してゆく予定です。出荷できる州も、限定されますことをご容赦ください。アリゾナ州、カリフォルニア州、コロラド州、アイダホ州、モンタナ州、ネバダ州、ニューメキシコ州、オレゴン州、ユタ州、ワシントン州が現在出荷可能な州となります。
新会社が、より多くの流通センター設置の必要性を認識するようになれば直ちに配送できる州は拡大することでしょう。出荷地域の拡大を心より願っており、再び全米にまで広げること、これが私の次の目標です。

あなたの愛するペットの生活の一部にフリントリバーランチを加えてくださったことに心から感謝いたします。我々は、その責任の重要性をずっと真摯に受けてとめております。ご愛用の皆様が、「新」フリントリ バーランチに、過去25年間、皆様の生活の一部であったのと同様の満足が得られるものと確信しております。この新会社が、我々がこれまで培ってきた伝統を再現し、愛犬、愛猫の栄養ニーズを満たし続けてゆくための支援ができることを心待ちにしています。今後の展開に関する情報がいち早くお手元に届くようにぜひ、ニュースレターの申し込みをなさってください。

これまでのあふれるご厚情とご支援に改めて心より感謝いたします。個人の皆様の支援と祈りのお言葉がこの難しい時期を乗り越える私の心の支えとなっています。
新生フリントリバーランチを今後ともよろしくお願いいたします。

ジェイ・ピー・マージデント(フリントリバーランチ社 前社長)

4月4日の早朝、電話で、フリントリバーランチ社 前社長のジェイピー.マージデント氏から日本のご愛用者の皆様へのメッセージをお預かりしました。ここにご紹介させていただきます。

フリントリバーランチ社 前社長から日本のご愛用者の皆様への特別メッセージ

フリントリバーランチのペットフードをご愛用いただき、ありがとうございます。お陰様で製造再開にこぎつけることができました。

フリントリバーランチのペットフードは、原料も、製法も、フォーミュラも、種類も、これまでのものと全く変わりません。100%同じです。変わったのは会社だけです。

このことをお伝えしたく思いました。どうか安心して、愛犬、愛猫にお与えください。

ジェイ・ピー・マージデント(フリントリバーランチ社 前社長)

フリントリバーランチオフィシャルホームページ:
http://www.frrco.com

お問い合わせへの回答

お客様から「フリントリバーランチは倒産したの?」というお問い合わせが多く寄せられることから、こちらでご回答させていただきたいと思います。

結論を申し上げますと、フリントリバーランチは倒産したのではなく、M&Aにより、事業譲渡が行われ、事業の運営会社が別会社になったということです。事業内容はそのままで(よって取り扱う製品もなんら変わりなく)、経営権が別会社に移譲されたのです。アメリカでは、事業規模に関わらずビジネスではよく見られる手法です。倒産とは、引き受け手の会社がない状態のことで、その会社固有のブランドは倒産と同時に消滅することとなります。また、倒産の処理は、チャプターイレブン(米連邦破産法第11条)に則って行われますが、今回のケースにおいては、チャプターイレブンも適用されなかったことを申し添えておきます。

フリントリバーランチ社は現在でも存続しており、将来的には解散するのかもしれませんが、事業本体は別会社に引き継がれたため、これまで25年間の長きに渡り培われたオールナチュラルペットフードの草分け、フリントリバーランチペットフードのブランドは今後も引き継がれてゆくはずです。

次に、ご愛用者の方々のフードの品質が変わってしまうのではないか、という懸念は、前社長のマージデント氏に直接ぶつけてみました。それが、こちらで紹介させていただいている「フリントリバーランチ社 前社長から日本のご愛用者の皆様への特別メッセージ」で、変わったのは会社だけで、他は何も変わっていないことを日本の皆様に伝えてほしいとのマージデント氏の意向を反映させたものです。マージデント氏自身も業務がスムーズに行われるよう新会社を引き続きサポートしており、全州への出荷も、時間の問題で可能になると考えます。

今回の一連の出来事は、当店にとってフリントリバーランチのプレミアムペットフードがいかに日本の皆様に愛されているかを再認識するよい機会となりました。ご愛用をあらためて感謝すると共に、ペットの健康が守れるかを第一の判断基準として、今後も厳選したフードのみを扱ってゆく決意を新たにしました。ありがとうございます。

アメリカンペットプロダクツ代表 QP松本

2016/7/29フリントリバーランチの4.5kg、4.08kg(10ポンド、9ポンド)の取り扱いにつきまして

フリントリバーランチの4.5kg、4.08kg(10ポンド、9ポンド)のメーカーでの取り扱いのない状態が続いております。フリントリバーランチのメーカーのホームページ(https://www.frrco.com)でもご確認いただけますが、ドッグフードとキャットフードも、20ポンド(9.07kg)と40ポンド(9.07kg×2)の2サイズのみの取り扱いとなっております。この状態がいまだに継続しておりますため、当店の4.5kg、4.08kgの在庫が少なくなっております。

このままですと、当店も9キロのみの販売となってしまいます。猫や小型犬を飼っていらっしゃるお宅で、9キロを消費するには長い期間が必要です。賞味期限もあり、無理にご購入いただくことは、お店としても心苦しいことです。つきまして、緊急措置として、4.5kg、4.08kgの在庫がなくなり次第、順次、アルミ袋(または、2kg用紙袋(3層構造のもの)×2袋)に入れ替えて販売を継続させていただくことにさせていただきます。ご了承いただければ幸いです。アルミ袋はチャックつきで、そのまま保存もできて便利です。サイズによっては、3層構造の特注紙袋が2袋になる場合もございますが、フードはそもそも小分けにして使った方がよく、消費に時間がかかりそうな場合は、残りのフードは冷凍保存していただくと、いつもフレッシュなフードを愛犬、愛猫に与えることができます。

今回の対応は、あくまで一時的な措置で、メーカーでの準備が整うまでのことになります。ご愛用のユーザーの皆様にはご不便をおかけしますが、何とぞご理解をいただくことができるとありがたいです。

ご不明な点、ご意見、ご質問等ございましたら、カスタマーサポートまでお気軽にご連絡ください。 よろしくお願いいたします。

- アメリカンペットプロダクツ代表-

2016/3/24フリントリバーランチ販売再開のお知らせ!

お待たせいたしました!
フリントリバーランチ社から正式に製造再開のうれしいニュースが届けられました。これからは、新会社による運営となりますが、これまで通りのラインナップで、製品自体は何も変わらないという旧経営陣の通知通りの展開で、販売が再開されることとなりました。当店も長年ご愛用のお客様と喜びを分かち合いたい気持ちでいっぱいです。
アメリカでは、Arizona, California, Colorado, Idaho, Montana, Nevada, New Mexico, Oregon, Utah and Washingtonの各州向けに出荷が再開されました。近い内に、全州がカバーされると見られます。

新しいフードは4月下旬の入荷を予定しております。現在在庫が切れているフードでもご注文を入れていただければ、予約注文として処理させていただき、ご注文の日付の古い順番から、順次発送させていただきます。注文の集中が見込まれるため、なるべく早めのご注文をお勧めいたします。
ご不明な点がございましたら、お気軽にカスタマーサポートまでご連絡ください。
よろしくお願いいたします。

- アメリカンペットプロダクツ代表-

2016/3/4フリントリバーランチペットフードに関するニュース

フリントリバーランチ社から経営に関する発表がありました。フリントリバーランチ社のブランド名、ウェブサイト、販売資材、フォーミュラを別会社が買い取り、フリントリバーランチは新経営陣の元で、販売が継続されることになるとのことです。

2月23日にディストリビューター向けに告知されましたが、まだ流動的な状態であり、最新情報として、3月末までを目処に製造再開にこぎつけられるであろうとの見通しが発表されましたので、お知らせさせていただく次第です。ただ、これも、あくまで見通しであり、より長い時間がかかるのか、どの会社が引き継ぐのか、まだ、何も決まっていない状況で、予断を許しません。

当店では、在庫がある分は、販売を継続させていただきますが、在庫がなくなった時点で、再開の見通しが立っていないような場合には、一旦販売を中止させていただくことになります。ご不便をおかけしてまことに申し訳ございません。

契約内容に「フォーミュラ」が含まれ、別会社での再開の際には、これまでのフードはそのままの内容で引き継がれることになる見通しです。特に、今回のフリントリバーランチの経営譲渡先が、大きな人間用のフードメーカーではなく、小さな会社で、ホリスティックペットフード業界への参入を希望している会社と伝えられており、フリントリバーランチのペットフードの理念も踏襲されると考えます。

長年あげているフードを突然変えることは、ペットにとって大きな負担となります。飼い主さんにもご心配をおかけするこのような状態は、避けなければなりません。当店は、フリントリバーランチスーパープレミアムペットフードがこの世に存在する限り、日本の皆様にお届けし続けるつもりでおりますが、何らかの理由で、フリントリバーランチ本体が消滅してしまうような場合には、残念ながら、販売は中止せざるを得ません。長年ご愛用いただいているお客様には、大変申し訳なく、遺憾に思います。

今のところは、今後のメーカーの発表を待ちつつ、事態の進展を見守りたいと思います。フリントリバーランチの動向につきましては、動きがあり次第、こちらでご連絡させていただきますので、よろしくお願いいたします。

- アメリカンペットプロダクツ代表-

商品を選ぶ

アイテムから探す

ドッグフード
キャットフード
プティート・キュイジーヌグルメ猫缶
世界から集めた犬用品
世界から集めた猫用品
世界から集めた小動物用品
アウトレット

モバイルショップ