今ご注文いただくと、


         発送予定です。

あくまで目安です。状況により異なります。

ヤングアゲインの歴史

1987年にのペットが自然界で食べているようなペットフードを作りたい!という熱烈な思いで、ペットフードの製造を始めたに端を発します。その後、徹底した研究と開発を続け、1990年に念願の第一号が販売されました。以降、犬。猫、フェレット用に完璧な栄養バランスを実現したフードとして、常に最先端の技術や発見を取り入れて、進化し続け、ブリーダーや獣医病院などのプロから絶大な信頼を寄せられています。

最高評価の星5つ獲得

世界で最も信頼されているドッグフードの評価サイト「ドッグフードアドバイザー」でヤングアゲインの「40/16 グレインフリー ハイプロテイン プレミアム ドッグフード」は、4100種類のドッグフードの中で最高評価の5つ星(81種)に輝きました。

動物が生まれ持つ食性

猫は、(偏性)真性肉食動物です。犬も以前は雑食と信じられていましたが、最近の研究では、肉食に分類されます。健康に育ち、健康を維持するためには肉が不可欠です。野生のライオンやトラ、レオパードのように、あなたの愛猫も愛犬も肉食動物で、炭水化物は必要としません。真性肉食動物は、植物を効果的に消化する生理的機能を持ちません。猫科の動物が、植物を食べる場合がありますが、それは、吐剤としてです。ヘアボールを吐き出すために、猫が草を食べるのが、このケースです。本来犬や猫には、炭水化物は必要ありません。過剰な炭水化物や植物原料が、今日の犬の肥満、消化系の問題、猫の糖尿病、肥満、尿路感染症の原因になっている可能性があります。

ヤングアゲインペットフードの特徴

細胞レベルでの栄養摂取を研究・独自開発した成分を配合

犬も猫も、あるいは魚も人間も、体内では日々何百万個もの細胞が機能を終え、新たに生まれ変わります。しかしながら、歳をとるにつれて細胞の原材料となる物質は生成されにくくなり、細胞を再生させる能力は低下していきます。ヤングアゲインの独自の配合成分は、化合するとRNAとDNAの構造単位を形成します。これらは細胞の生成の土台となるもので、身体に必要なあらゆる細胞へと形を変える能力があります。

ペットの免疫システムをフル稼働

この独自配合成分をブレンドすることで、ペットの免疫システムが活性化され、ペットが病気とたたかう抵抗力をサポートするとともに、毎日のあるゆるシーンを元気に過ごすための健康づくりに貢献します。

小粒でも栄養がぎっしりで、お得

ヤングアゲインのペットフードの粒は、やや小粒です。それは、つなぎになるでんぷんや増量剤が含まれていないため。その代わり、栄養分がぎっしりと含まれており、他社のフードに比べて40-60%長持ちするため、長い目で見てお得です。

全フォーミュラがグレインフリー

アメリカで最初に開発された、トウモロコシ、小麦、オート麦や米などの穀物を使用していないドッグフードとキャットフードのことです。グレインフリ−には、ペットに多くの恩恵をもたらしてくれます。

1. 肥満の改善

研究では、多くの猫は炭水化物の高い食事が原因で肥満になっていることがわかっています。特に、炭水化物を消化する酵素に乏しい猫は、炭水化物をすぐに代謝や運動に利用することができずに、脂肪として蓄積してしまいます。グレインフリーフードを与えると、タンパク質はゆっくりと消化され、猫の代謝と運動に長い時間をかけてエネルギーを与えます。脂肪として蓄積することがありません。また、急激に空腹になることがないため、食欲が抑えられ、健康的な体重に調整されてゆきます。

2. アレルギーの改善

穀類がアレルギー反応を引き起こすことがわかっています。一方、穀類に使用される農薬が原因であるとい指摘する人もいます。慢性的な皮膚病や消化器系の問題がある場合、グレインフリーフードに替えることで、改善する場合があります。

3. 尿路疾患には、

質のよい動物性タンパク質のフードを与えることが大切です。犬や猫に質の悪いフード(とうもろこしや小麦で作られた植物性タンパク質、4Dミートなど人間の食材にならない肉)を与えていると、体内に毒素がたまり、尿路系にも膵臓にも負担がかかるようになります。質の悪いタンパク質と穀類は、リンの含有量が高く、老廃物を多く産み出し、ミネラル分を腎臓に蓄積し、腎機能に悪影響を与えます。

選び抜かれた原料 - 原料トレーサビリティ

豚肉、鶏肉、魚

タンパク源として、消化吸収性、栄養価の高い、豚肉、鶏肉、ニシンの3種類を使用しています。すべて、USDA(アメリカ合衆国農務省)またはFDA(アメリカ食品医薬局)の認可を受けた人間用の製造施設から調達しています。この製造施設は、USDAまたはFDAから、人間用食材用製造施設の認定を受けており、そこで作られるこれらの原料肉には、質の低い肉や、種類や部位や内容が不明な肉副産物・肉骨粉などの、いわゆる4Dミート(ミートミール)が含まれることはありません。ヤングアゲインペットフードの主要な原料であるポークミールは、豚の腹肉を原料とし、良質のアミノ酸と脂肪を含み、消化吸収率は97%と高く、灰分は非常に低めです。コストが高いので、大半のペットフードには含まれていません。

全ての原料がヒューマングレード(人間用の食材レベル) ビタミンミネラルを含む、すべての原料が人間用の食材レベルのものです。最高の原料が使用されています。

ビタミン類とミネラル類

米国国内のメーカーから調達しています。調達の際には、各社に対し、原料の全生産国名を一覧表にして提示するよう依頼しています。表にある国名は、アメリカ、カナダ、フィンランド、日本、フランス、ドイツ、ニュージランド、スコットランドです。

中国産の原料

中国産、または中国産であることを隠すために、第三国に一度輸入されて、再販売されている中国製の原料は使用していません。

生肉とミールの違い

AAFCOの定義

ペットフードに関する様々な規則を定めるAAFCO(米国飼料検査官協会)は、ラベルには、「全ての原料は、重量の多い順番に記載される必要がある。原料の重量は、原料に含まれる水分量も含め、他の原料と混合する時点のものとする」と定めています。日本もそれに習い、原料は重量(水分を含む)の多い順に記載されます。(ただし、日本の場合は、全原料を記載する義務はありません)チキンミール、ポークミールは、鶏肉、豚肉から水分を抜いて(10%以下)、細かくし、他の原料と混ざりやすくしたもののことです。タンパク質が濃縮されているので、生肉の何倍ものタンパク質が含まれます。というのも、生肉には、たくさんの水分が含まれているからです。(鶏肉70%、豚肉50%、ニシン66%)それらから水分を取り除き、タンパク質を濃縮させたのが、チキンミール、ポークミール、ニシンミールなのです。

肉を第一原料にするために、水分を含む「生肉」や「新鮮な鶏肉」という名前で表示するメーカーのトリックには、注意する必要があります。チキンミールに加工した場合、どのくらいのタンパク質が残るかを考えなければなりません。重要なポイントがあります。名前は似ていますが、「ミートミール」は全くの別物です。「ミール」は、必ず、チキンやポークなど、原料名の後についている必要があります。鶏肉から作ったミールなら「チキンミール」、豚肉から作ったミールなら「ポークミール」、と表示されていることを確認しましょう。

ミートミールとは

AAFCOは、「ミ−トミール」を、「通常の作業で偶然混じる量を除いた、血液、ひづめ、角、毛、皮、糞、胃、第一胃を含まずに、廃棄物処理(レンダー)されたほ乳類の繊維」と定義しています。廃棄物と同等と考えてよいでしょう。肉から水分を取り除いて細かくしたもの、という意味の「ミール」には、原料の肉の表示が義務付けられています。

高タンパク食について

自然が求める栄養

猫の獲物に共通しているのは、肉と脂肪でできていて、炭水化物は含まれていないことです。キャットフードは、自然界の法則に習い、50%以上の動物性タンパク質とバランスの取れた20-24%の脂肪、炭水化物も5%以下(糖尿病の猫には0%)が望ましいのです。

タンパク質/脂肪比率について

ヤングアゲインの商品名の前についている50/22というのは、タンパク質と脂肪の比率を意味します。栄養分が効率よく体内に取り入れられるには、この比率が重要な鍵を握ります。脂肪分が少なすぎるのも、多すぎるのも粗悪な原料が原因である場合があります。適切な脂肪の量を知るには、脂肪をタンパク質で割ります。ほとんどのフードは、50% - 70%の間に入ります。もし、80%以上であれば、明らかに多すぎます。

「ヤングアゲイン」の優れた特徴を最大限に引き出す「自由採食法」とは?

ヤングアゲインのキャットフードを与える方法として、自由採食法(FCAF: Free Choice Abundance Feeding)を推奨しています。お皿にフードが常に半分以上入っている状態にしておく方法で、簡単で、飼い主さんの手間もかからず、愛猫の健康維持にもよい、一石二鳥のあげ方です。

与え方

食器を猫1匹につき最低1個用意します。深さのあるお皿(直径20〜25cm、深さ2.5cm程度)をおすすめします。よくある直径10cmくらいの猫用フードボウルは使わないようにしてください。水用のボウルはどんな大きさでもかまいませんが、大きめのものがよいでしょう。

食器1個につき2-3カップのフードを入れます。フードはつねに食器の半分以上入っているようにしてください。給餌の間隔が3日以上あく場合は、入れるフードを多めにします。

複数の猫を飼っている場合

食1匹が食事しているときには、なるべく他の猫の姿や食器が見えないように食器を配置してください。これは、食事中に他の猫の姿を見ると、食べなくなったり、逆に取られまいと必要以上に食べてしまうことがあるからです。

食いつきが悪い、たくさん食べない場合

必ずしも、フードが気に入らないということではありません。
犬や猫が生きてゆくのにはたんぱく質が不可欠です。体が欲するたんぱく質量を満たすために「どか喰い」することがあります。例えば、20%しかたんぱく質が含まれていないペットフードから必要なたんぱく質を摂ろうとすると、50%含まれているペットフードの2.5倍食べないともちません。これが、うちの子が気に入っているフード、の実態である場合がほとんどです。ヤングアゲインに含まれるたんぱく質の量は50%以上で、高い吸収性を持つ動物性たんぱく質100%。少ない量で充分な栄養を摂ることができます。

最先端の製造技術

ドライフードはすべて、自社が所有する独自のニ軸押出機で製造しています。ヤングアゲインならではの栄養バランスに優れた最高品質の製品を生み出すための、まさに要となる製造システムです。このタイプの押出機は適応性が高いため、タンパク質と脂肪の配合率を変えて幅広いバリエーションのフードを製造することができます。当社はこのシステムによって、ペットの種類や品種によって異なるさまざまな栄養のニーズに対応した製品を提供しています。

窒素ガス充填およびアルミ袋

ヤングアゲインの全商品は、丈夫な高品質アルミ袋に入れられ、酸化を防ぐため、空気を抜いて、代わりに窒素ガスを充填しています。窒素は、無味無臭、無色の気体で、体に影響を与えることは全くありませんので、ご安心ください。

安全のための品質管理体制

ヤングアゲインは、つねに品質に優れた安全性の高い製品をお届けするために、製造は自社の工場のみで行い、製品試験も自社の従業員のペットの協力で実施しています。また、独立した第三者研究機関にも分析を依頼し、当社の製品にサルモネラ菌などの汚染がないか、成分にばらつきはないかなどのチェックを常時行っています。

さらに、毒物学にもとづく設備管理体制によって毒素を完全にシャットアウトしています。また、製品の製造を外注せず自社内で行うことによって、高いレベルの品質を徹底的に管理・維持しています。

顔の見えるサポート体制

ヤングアゲインペットフードに対するご質問を日本語でお送りください。翻訳して、メーカーの担当者に直接問い合わせをします。回答は、日本語に翻訳して、送らせていただきます。

商品を選ぶ

アイテムから探す

ドッグフード
キャットフード
プティート・キュイジーヌグルメ猫缶
世界から集めた犬用品
世界から集めた猫用品
世界から集めた小動物用品
アウトレット

モバイルショップ