今ご注文いただくと、


         発送予定です。

あくまで目安です。状況により異なります。

猫の肥満と過食

猫の肥満/過食の問題は、今日のアメリカではとても多く見受けられます。猫の肥満の原因は非常に単純です。彼らは燃えるよりも多くのカロリーを体内に取り込んでいます。
 

猫の肥満が1970年代から始まったことは、ご存じでしょうか。 70年代以前は、猫の肥満はまれでした。一体何が変わったでしょうか?運動量ではありません。なぜなら、猫たちは当時も今日も同じくらい寝ているからです。違いは、当時は、殆どの猫には缶詰の形で食肉のみが食事として与えられました。今日では、多くの猫缶に植物製食品と炭水化物が含まれています。猫は真性肉食動物です。つまり、猫が健康に育つには肉が不可欠なのです。それは自然が意図したもので、野生において、猫の食物源は、ねずみのような小動物で、野菜や果実ではありません。
 

70年代では、猫の食事が、100%肉でできた猫缶から、半分がタンパク質で、残りが大量の植物性タンパク質を含む炭水化物になるまで、段階的な変遷がありました。これらの新しい猫の食事は、一般的に30〜35%のタンパク質、10〜15%の脂肪および40%までの炭水化物でした。比較のために、野生の猫の餌となるマウスの成分は、大体、タンパク質50~54%、脂肪22~26%、および6%未満の炭水化物です。肥満を予防し、打破する解決方法は明らかです。
 

猫にとり、過食は普通ではないことを知っていますか?猫が自分の生活範囲内で狩りをし過ぎると、食糧がなくなり、最終的に飢えてしまいます。そのため、野生の猫は、健康な生活を送るために必要な分だけを食べます。野生で猫が太っていたら、獲物を捕獲するのに迅速に動けず、外敵から逃げるため、木を登ることもできないでしょう。肥満はまた、他のより深刻な健康上の問題を引き起こすリスクを高めることが知られています。猫は、肥満になったり、6%以上の炭水化物を含むキャットフードを食べるようには生まれついてはいないのです。
 

では、猫は、なぜ、6%以上の炭水化物を含むキャットフードを食べ過ぎるのでしょうか?
 

猫は、毎日複数回食事します。食事と食事の間の時間は、食事を消化し、エネルギーに変換するための時間です。食べ物をエネルギーに変換すると、再び空腹になり、次の食事を探し求めます。これは、すべての食品から変換されたエネルギーへの量が、そのエネルギーの使用目的に合っていれば完璧です。しかしながら、そうはうまくゆきません。炭水化物はタンパク質よりもはるかに早く消化され、猫が一度に消費できるより、ずっと多くのエネルギーを猫の体にもたらします。余分なエネルギーは、変換され、脂肪として蓄積されます。その結果、いつもより早く空腹が訪れ、次の食事を欲しがるようになします。この炭水化物のサイクルは、肥満猫になるまで繰り返されます。一方、タンパク質は、炭水化物よりはるかにゆっくりと消化し、猫がタンパク質を消化する速度は、その代謝のニーズに完全に合致します。タンパク質では、代謝は、タンパク質をエネルギーに変換するのにかかる時間と同期しています。余分なエネルギーが生成されないので、脂肪として蓄積する必要もありません。
 

もしあなたの猫が太りすぎであれば、現在食べている食べ物のバランスが体に対し、合っていないことを意味するでしょう。あなたの猫が健康であるためには、自然が意図した餌を与えてください。 95%以上の動物性タンパク質/脂肪(50~54%タンパク質、22~26%脂肪)および6%未満の炭水化物です。これらの簡単な指標に従うだけで、あなたの猫は適切な体重を維持することができ、健康で幸せな猫になることができます。

 

商品を選ぶ

アイテムから探す

ドッグフード
キャットフード
世界から集めた犬用品
世界から集めた猫用品
世界から集めた小動物用品

モバイルショップ

ショップについて

松尾 美桜

ご質問、ご不明な点があれば、お気軽にお問い合わせください。メーカーに直接問い合わせる場合、日数がかかる場合がありますが、納得行く回答が得られるまでサポートさせていただきます。