今ご注文いただくと、


         発送予定です。

あくまで目安です。状況により異なります。

核酸(ヌクレオチド) の重要性

Margaret A. Wissman、獣医師

私たちは皆ペットにとって常に最上のものを提供したいと考えています。画期的な発見により、今日の市場に出回っているものとは全く異なる完全なペットフードを与えることができるようになります。それは、可能な限りペットを健康にする独自の栄養素をペットに与える、完全なペットフードには、豊富なヌクレオチドが含まれています。このヌクレオチドは、今日、市場に出回っているペットフードとヤングアゲインペットフードとを明確に区別する栄養素の1つです。
 

ヌクレオチド(核酸)は新しいDNAとRNAを作るために必要な成分です。DNA食品 のことを意味します。高校生のときに、DNAの二重らせんについて学んだことを思い出してみてください。さまざまな色のはしごを持つらせん状のはしごは、遺伝子と染色体を構成するDNAのモデルです。 DNAは非常に大きな分子であり、DNAのハシゴの階段は、生命のアルファベットである4つの異なるヌクレオチドの組み合わせで構成されています。遺伝子はDNAヌクレオチドの別の配列であり、遺伝子は我々の染色体を構成するものです。そのため、遺伝子はDNAで作られているのです。
 

専門的な話はこれくらいにして、あなたが理解する必要があるのは、ヌクレオチドが新しいDNAとRNA分子の創造に不可欠な分子であり、それらはあらゆる種類の新しい細胞によって使用されるということです。これはとても重要です。何故ならば、ヌクレオチド自体が、または他の分子と組み合わさって、細胞のほとんどすべての活性(したがって身体)に関与するからです。
 

なぜ、ヌクレオチドがそれほど重要なのでしょうか?猫、人間、犬、または他の動物が生き続け、成長し、発達するためには、死んでゆく細胞と置き換えるために常に新しい細胞を作り出さなければなりません。体を維持するためには、毎分何百万という細胞を作らなければなりません。これらの細胞はすべて、新しい細胞を生成するためにヌクレオチドを使用しなければならず、細胞を正確に増殖させるためにDNAおよびRNAに依存します。ヌクレオチドは、免疫細胞の発達、精子細胞および胚の発生および女性生殖管の生成を含む、細胞の創造、細胞の置き換えに使用されます。
どの組織や細胞が最も多くのヌクレオチドを必要とするでしょう?すべての細胞が多くのヌクレオチドを必要としますが、赤血球、白血球、腸細胞、骨髄細胞および脳細胞を含むいくつかの細胞は、必要な量のヌクレオチドを作ることができません。ヌクレオチドは、免疫系の適切な機能、傷害または疾患後の細胞修復、および疾患の予防を助けるために不可欠です。また、ストレスは、ストレス中に放出されるホルモンのマイナスな影響を払拭し、免疫系を構築するのにヌクレオチドを必要とします。
 

私たちは今、ヌクレオチドが細胞の修復および置換に不可欠であることを知りました。では、ヌクレオチドをどのように摂取すればよいでしょうか?多くの組織は、プリンと呼ばれるヌクレオチドを(合成によって)製造することができません。足りない場合は、食物から摂取する必要があります。比較的高濃度のヌクレオチドが動物の腸および細菌および酵母培養物中に含まれますが、これらは通常口にする食品ではありません。そのため、通常、動物が食物から必要不可欠なヌクレオチド得るためには、彼らが食べる食物を構成する複雑な細胞構造を分解する必要があります。
 

ヤングアゲインペットフードは、DNA食品として分類することができます。体内ですぐに利用できる精製されたヌクレオチドが豊富に含まれており、動物は必要なものをすぐに吸収して利用することができます。豊富なヌクレオチドが含まれているという事実が、他のどのペットフードにも見られないヤングアゲインペットフードのユニークな特徴で、同時にペットの健康の非常に有益です。豊富なヌクレオチドを供給することにより、免疫システムはそのピークで機能することができ、肝臓は毒素(例えば、有害な細菌によって産生される毒素)からの自己修復が容易となり、他の組織も怪我の後に自己修復することができるようになります。
 

ヌクレオチドのこれらの働きを私たちはどうやって知るのでしょうか?食品へのヌクレオチド添加に関し、鳥類およびマウスでの研究が行われています。ニューカッスル病ウイルスを使った鶏を対象とした試験が行われ、鳥インフルエンザ発生前と罹患中にヌクレオチドで調整した餌を与えて飼育した鳥は、通常の家禽飼料を与えられた鶏よりもずっと高い生存率を示しました。ヌクレオチドを与えると、動物およびヒトにおける細菌感染に対する耐性を増加させます。

マウスで行われた別の研究では、マウスを黄色ブドウ球菌(Staphylococcus aureus bacteria)に感染させました。飼料中のヌクレオチド量を異なる割合で増加させた飼料を与えたところ、通常の飼料を与えられたグループの死亡率は100%でした。飼料中0.25%のRNAを与えたグループで53%の死亡率、0.06%のアデニンを摂取したグループで74%の死亡率、および0.06%ウラシルを与えたグループは、58%の死亡率を示しました。これは非常に画期的な研究であり、黄色ブドウ球菌に感染した後に100%のマウスが死ぬのではなく、追加のウラシルのみを摂取したマウスの42%が感染から生き残り、抗生物質やその他のケアの追加治療を受けていないことが証明されました。
 

これらの毒素は多くの成分に存在する可能性があるため、飼い主の大きな関心事となります。 毒素は多くのペットフードリコールの原因となっています。毒素は目に見えませんし、匂いも味もしません。標準的な飼料とヌクレオチドを添加した飼料とを家禽とブタに与える実験が行われました。結果は、ヌクレオチド添加の餌を与えた動物の肝臓マイコトキシンレベルは、標準的な飼料を与えた動物よりも大幅に低かったことがわかりました。また、添加餌を食べた動物の糞便中の毒素レベルは、標準餌を与えられた動物よりも高く、より多くの毒素を排出できたことが示されました。
 

その他の利点

餌にヌクレオチドを添加することの利点を示す研究が他にもあります。

  • 細菌感染およびウイルス感染に対する耐性の強化
  • 抗体の増加
  • 好中球と呼ばれる白血球の増加
  • マクロファージ数の増加
  • ワクチン接種の有効性の向上
  • 栄養不良と飢餓誘発免疫抑制の逆転
  • ナチュラルキラー(NK)細胞活性およびインターロイキン2の増加
  • 血漿HDLコレステロール(「善玉」コレステロール)の増加
  • LDLコレステロール(「悪玉」コレステロール)濃度の減少
  • 持久運動後の血液中の乳酸蓄積の減少
  • 赤血球の増加
  • グルコースレベルの低下および生存率の上昇(糖尿病)
  • 傷害後の肝臓のより速い回復
  • 肝臓による毒素の効果的な解毒
  • 腸への好影響
  • 飼料の体内利用率および栄養分吸収の改善
  • 下痢の後の腸修復
  • ストレスからの回復の促進
  • 妊娠の増加
  • 胚の質の改善

これらのすべてには、効果を裏付ける科学的研究があります。
 

「ヤングアゲイン」のキャットフードは、猫の自然な栄養に近づけて完全に配合されています。豊富なヌクレオチドを猫に供給するだけでなく、デンプン(炭水化物)も市販されているキャットフードよりずっと低くなっています。猫は真の肉食動物であり、通常、ごく少量のデンプン(炭水化物)しか摂取しません。デンプン(炭水化物)は、インスリン分泌に関係し、膵臓によい影響をもたらします。猫本来の食物には穀類や植物タンパク質はありません。ヌクレオチドが糖尿病のマウスの生存率を劇的に改善することを示した研究が存在します。「ヤングアゲイン」のキャットフードは、特に猫に特化された肉食動物のための餌であり、バランスの取れた健康的な食事を毎日与えることができます。豊富なヌクレオチド、プロテアーゼ、他の酵素とプロバイオティクスを含むだけでなく、免疫システムを強化し、回復を早めます。「ヤングアゲイン」のキャットフードは、消化吸収性が非常に高いため、糞の量も少なくなります。感染症のある猫には特に有益です。
 

「ヤングアゲイン」のペットフードは、真に「画期的」と呼べるペットフードです。ヌクレオチドは、自然に発生する物質であるため、食事に取り入れてもこの上なく安全であり、長期的に有害となる可能性のある抗生物質や他の添加物とは根本的に異なるものです。豊富なヌクレオチドは、ペットの健康状態を最高のレベルに維持し、適正な割合に保たれた蛋白質、脂肪、ビタミン、ミネラルは、ペットの栄養を生涯に渡ってサポートします。

商品を選ぶ

アイテムから探す

ドッグフード
キャットフード
プティート・キュイジーヌグルメ猫缶
世界から集めた犬用品
世界から集めた猫用品
世界から集めた小動物用品
アウトレット

モバイルショップ