今ご注文いただくと、


         発送予定です。

あくまで目安です。状況により異なります。

犬の消化器系の問題

犬の過敏性腸症候群(IBS)はあまりよく理解されていません。IBSの主な症状は、慢性的な時折の下痢、1日に1回以上の排便、粘液を伴う糞便、時には便秘として現れることもあります。 IBSの典型的な症状として、ブロート、腹痛、嘔吐および抱き上げたときの痛み、または腹部に触れたときの痛みなどが挙げられます。典型的な原因は、食品アレルギーで、時には痛みが原因となることもあります。


食事の問題は、これまでのところIBSの最も一般的な原因であり、解決するのが最も簡単です。まず、愛犬に植物性タンパク質を与えないようにします。植物性のタンパク質は動物性のタンパク質とは異なる形で消化され、犬の消化器系のバランスをくずす可能性があります。犬は肉を食べるとき、消化器系は最高の効率で働き、問題も起こりにくいのです。すでに消化系の問題がある場合は、動物性のタンパク質のみを与えることはさらに重要となります。ヤングアゲインの「40/16 グレインフリー ハイプロテイン プレミアム ドッグフード」は、IBSの犬に適しています。食事の変化によるIBSの症状に改善が見られるには、数週間から数ヶ月かかることがあります。

炎症性腸疾患(IBD)

炎症性腸疾患は、通常、慢性的な断続的な嘔吐、下痢、体重減少、疲労、うつ、過剰なガス、腹痛、腹痛、便に混じる鮮血、ゴロゴロ、ゴボゴボとしたお腹の音を特徴とします。


IBDは、ほとんどの場合、特定の食品およびタンパク質に対する反応と考えられます。フードを変えることが最初の一歩になる場合がほとんどです。植物性タンパク質が一切含まれないヤングアゲインの「40/16 グレインフリー ハイプロテイン プレミアム ドッグフード」は、IBDの犬に最適です。与え続けていただくだけで、健康状態は徐々に改善してゆきます。ヤングアゲインで、症状が改善しない場合、アレルゲンの可能性のある食品を少なくとも3つのタンパク源に絞ることができます。チキン、ポーク、そして、ニシン(魚)です。その中から、問題の引き金になっているかもしれないタンパク源を特定し、それが含まれていないフードに変える必要があります。食事を変えることによる効果が現れるのに、数週間から数ヶ月かかる場合があります。長期的な観察が必要となります。

商品を選ぶ

アイテムから探す

ドッグフード
キャットフード
世界から集めた犬用品
世界から集めた猫用品
世界から集めた小動物用品

モバイルショップ

ショップについて

松尾 美桜

ご質問、ご不明な点があれば、お気軽にお問い合わせください。メーカーに直接問い合わせる場合、日数がかかる場合がありますが、納得行く回答が得られるまでサポートさせていただきます。