今ご注文いただくと、


         発送予定です。

あくまで目安です。状況により異なります。

「ヤングアゲイン」ドッグフードの
優れた特徴

犬にはどんなフードがいいのでしょうか?

犬は肉食動物です。主な栄養源として肉を摂り、デンプンや炭水化物はそれほど必要としない身体にできています。ヤングアゲインドッグフードは、デンプンや炭水化物は控えてタンパク質を高配合しています。デンプンや炭水化物の摂りすぎは肥満を招く要因であるため注意が必要です。また、ヤングアゲインの場合、タンパク源には100%肉を使用し、植物性タンパク質は一切使用していません。犬のアレルギーの原因となりがちな穀物やグルテンも一切配合していません。

自然の食性に合った栄養バランス

ヤングアゲインドッグフードは、犬が元気で健康な引き締まった体を保つために必要なバランス栄養素を100%配合しています。グルテンや植物性タンパク質は一切使用せず、デンプンや炭水化物も最小限度に抑えています。味も犬の大好きな肉の風味たっぷりに仕上げています。足腰や関節の問題を抱える犬、アレルギーのある犬、消化器官の弱い犬、被毛や皮膚のトラブルのある犬にも安心して与えられます。製品の製造はすべてアメリカ・ミネソタ州にある自社工場のみで行っています。

市販の大半のドッグフードに植物原材料が多く使われているのはなぜでしょうか?

答えは単純です。植物性タンパク質、グルテン、炭水化物の方が、肉よりもコストが安いからです。現在市販されているドッグフードの多くは、40%〜50%ものデンプンや炭水化物を含んでいます。ペットの犬たちの間で体重増加や関節のトラブル、肥満や疾患が増えてきているのも不思議ではありません。ヤングアゲインプレミアムドッグフードは、消化性炭水化物の割合を20%に抑えています。製造コストは若干かかりますが、犬が元気で健康に過ごしてくれることをヤングアゲインにとって何よりの励みにして、最高の品質をお届けするために日々懸命に取り組んでいます。

少量でとれる理想的なエネルギー

タンパク質はデンプンや炭水化物よりも消化のスピードが緩やかです。ヤングアゲインのドッグフードはタンパク質を高配合し糖質を抑えた処方なので、犬の消化器内に長くとどまります。そのため満腹感と元気が長続きし、食事をやたらねだることがなくなってきます。また、穀物やグルテン、犬には不要な消化の早い炭水化物などで増量したフードと比べると、ヤングアゲインでは給餌量がたいていの場合(特に肥満の犬で)少なくて済みます。

高品質のフードはむしろ経済的です

ヤングアゲインのフードがお買い得だと好評なのには理由があります。すばり、少量で済むからです。デンプンや炭水化物が多いフードに比べてタンパク質は消化が遅いので、食べた後は満足感と満腹感が持続して、やたら食べたがることがなくなります。
ヤングアゲインドッグフードは、4.5kgサイズ1袋で
体重約31.75kgの犬で2週間、
体重約15.88kgの犬で4週間、
体重4.5kg未満の犬なら3カ月も持ちます。

そのうえ、ヤングアゲインドッグフードなら、関節の問題を抱える犬、アレルギーのある犬、消化器官の弱い犬、皮膚や被毛のトラブルがある犬にも安心して与えられます。

成分表を十分チェックしましょう(メーカーによってはあまり見られたくない内容かもしれません)
現在市販されているドッグフードの多くには、炭水化物が40%〜50%も含まれています。これでは犬が必要とする量を超えてしまいます。ヤングアゲインはデンプンや炭水化物の割合を20%に抑えています。原材料名の最初にチキンと書かれていた場合、チキンは80%が水分なので必ずしもタンパク質が多いわけではありません。ヤングアゲインはチキンミールを使用しています。チキンミールは水分量がわずか8%ですから、チキンよりも栄養価が高く、犬に適した原材料です。また、チキンミールには、胸肉よりも栄養分の多い内蔵をはじめ、カルシウム、軟骨、その他の必須ミネラルも豊富に含まれています。
 

多くのフードで原材料名の2番目か3番目に書かれているのは、たいていは穀物やジャガイモ、米です。穀物が2、3種類ある場合は、つまり、それらの穀物を合計するとそのフードは乾物ベースで大半を穀物が占める、ということです。ジャガイモ、米、米ぬか、大麦、オートミールなどと書いてあれば、そのフードの成分は動物性タンパク質よりも植物原材料由来のものが多いということです。

商品を選ぶ

アイテムから探す

ドッグフード
キャットフード
プティート・キュイジーヌグルメ猫缶
世界から集めた犬用品
世界から集めた猫用品
世界から集めた小動物用品
アウトレット

モバイルショップ