今ご注文いただくと、


         発送予定です。

あくまで目安です。状況により異なります。

グレインフリー ペットフードとは?

アメリカで最初に開発され、10年以上の歴史を持つ穀物を原料に使用していないペットフードのことです。ペットフードの一番新しく、理にかなったトレンドです。グレインフリーのドッグフードとキャットフードドには、トウモロコシ、小麦、オート麦や米などの穀物が使用されていません。このグレインフリーグレインフリーのペットフードは、私たちのペットに数々の健康上の恩恵をもたらします。

低炭水化物フ―ド

グレインフリーペットフードには、トウモロコシ、小麦、オート麦や米などの穀類が使用されていませんが、全く炭水化物が使用されていないわけではありません。すべてのドライペットフードは、粒の形状とかりかりという歯ごたえを維持するため炭水化物を使う必要があります。グレインフリーのペットフードには、穀類由来のデンプの代わりに、ジャガイモ、サツマイモ、タピオカ、またはグリーンピースのような他の食材かをベースにした炭水化物が含まれています。

ヘルシーダイエット

研究では、多くの猫は炭水化物の高い食事が原因で肥満になっていることがわかっています。人間も、低炭水化物/高タンパク質のダイエット(ローカーボダイエット)で健康的に体重が減らせるように、ペットにも同じことが言えます。炭水化物を消化する酵素に乏しい猫は、炭水化物をすぐに代謝や運動に利用することができずに、脂肪として蓄積してしまいます。グレインフリーフードを与えると、タンパク質はゆっくりと消化され、猫の代謝と運動に長い時間をかけてエネルギーを与えます。脂肪として蓄積することがありません。また、急激に空腹になることがないため、食欲が抑えられ、健康的な体重に調整されてゆきます。標準体重の猫はその体重を維持することができます。

アレルギーの改善

ペットフードの成分にアレルギーを起こす猫がいます。トウモロコシ、小麦、米が多くの場合、アレルギー反応を引き起こすことがわかっています。一方、穀類に使用される農薬が原因であるとい指摘する人もいます。慢性的な皮膚病や消化器系の問題がある場合、グレインフリーフードに替えることで、改善する場合があります。

尿路疾患、腎臓病の予防

尿路疾患には、質のよい動物性タンパク質のフードを与えることが大切です。犬や猫に質の悪いフード(肉の代わりにとうもろこしや小麦で作られたタンパク質、4Dミートなど人間の食材にならない肉が使用されているもの)を与えていると体内に毒素がたまり、尿路系にも膵臓にも負担がかかるようになります。また、質のよいタンパク質は与えることがプラスになることがわかっています。質の悪いタンパク質と穀類は、リンの含有量が高く、老廃物を多く産み出し、ミネラル分を腎臓に蓄積し、腎機能に悪影響を与えます。

生活の質の向上

グレインフリーの高タンパクの食事は、高い消化消化性を持ちます。それは便の量が少なくなることで実感されるでしょう。猫本来の食事に近いフードを与えることで、エネルギーが供給され、猫の活動レベルがあがります。あなたとあなたの大切な家族の生活の質をも高めてくれるグレインフリーフードをおすすめします。

商品を選ぶ

アイテムから探す

ドッグフード
キャットフード
プティート・キュイジーヌグルメ猫缶
世界から集めた犬用品
世界から集めた猫用品
世界から集めた小動物用品
アウトレット

モバイルショップ