【お知らせ】フリントリバーランチ販売終了のお知らせ!【詳しくはこちらをクリック】  【うれしいお知らせ】フリントリバーランチを超える究極のグレインフリーペットフード「ヤングアゲイン」の販売を開始しました。関連ページは現在工事中です。ご質問等は、カスタマーサポートまでお気軽にお問い合わせください。

今ご注文いただくと、


         発送予定です。

あくまで目安です。状況により異なります。

代表者あいさつ

代表者あいさつ

アメリカンペットプロダクツへようこそ。代表のQP松本と申します。
今日は「アメリカンペットプロダクツ」がどのようにして誕生したかを聞いて頂ければ嬉しいです。
「アメリカンペットプロダクツ」もアップルコンピューターやマイクロソフト社と同じ「ガレージ(車庫)」から始まりました。
今はとても我が家のガレージには置ききれない量となったため、大きな商業用倉庫で保管しています。ご安心ください。キューピー松本
アメリカで長く暮らしていた私は、帰国してすぐ、実家の庭で野良の子が生んだ子猫の1匹を貰い受け、念願の猫との生活を始めることとなりました。
当時日本はペット用品の種類も少なく、デザインもいまいち。
そのため、自然と輸入ペット用品に目が向くようになったのですが、価格が高いのにはびっくり。
ネットで調べると、本国アメリカの4〜5倍もすることがありました。

それだけ高いと、送料を入れてもアメリカから個人輸入する方が安くつくことがわかり、私は、アメリカの大手ペット通販サイトを利用し、商品を取り寄せて自分の猫に使わせていました。
それを見かけた友人や里親さんに頼まれ、取り寄せてあげたところ、とても喜ばれ、それが「アメリカンペットプロダクツ」を始めるきっかけとなりました。
国土が日本の25倍もあるアメリカでは、国内輸送費もバカになりません。
せっかく商品自体が安くても、トータルで高くついてしまうこともあります。
船便は安くても、ひと月以上かかることもあり、不着事故もあります。
クレームを入れたくても言葉が通じません。
そういう苦労や心配なしに、気軽に海外の優秀なペット用品を利用していただくお手伝いができればと思ったのです。

欧米は、動物愛護の精神が一般の人々の中に根付いていて、動物を取り巻く様々な環境が整っているいわゆる「ペット先進国」です。
商業的にもアメリカのペット産業はビッグビジネスで、今や4兆円規模です。
多くの資金がペット用品・フードの研究開発に流れています。
その中から生み出される製品はデザインやアイデアが素晴らしいだけでなく、品質も人間が使うものと同等のレベル(ちなみに私が1996年にアメリカで購入した自動給水器はまだ現役で動いています)が、こんなに素敵な商品が沢山あるのに、日本にはその一部しか入ってきておらず、入っていたとしても手の届かない値段では、多くの人に使っていただくのは難しい。
何とかエンドユーザーに手頃な価格で提供する事はできないだろうか...。試行錯誤の始まりです。

輸入ペット用品を低価格で提供するために、ネット通販の形を取ることに決めましたが、インターネットの技術はほとんどなく、メーカーへの問合せのし方すらわかりません。
すべてがチャレンジでした。幸い「チャンスの国」アメリカのメーカーは、この極東の無名の会社でも相手にしてくれました。輸入に必要な通関手続きは、何度も足を運んで税関で職員さんに教えていただきました。根気よく教えてくださった職員さんの顔は感謝の気持ちと共に今でも思い出します。
商品説明、仕様、取扱説明書やラベルも自分で翻訳しました。
輸入量が少なかった頃は、トラックを借りて、自社で荷物の配送も行っていました。
配送先は冒頭でも紹介させていただいた自宅兼倉庫です。

「アメリカンペットプロダクツ」はお蔭さまで2012年に10周年を迎えましたが、これもひとえにお客様とお店を蔭で支えるスタッフのお蔭です。
お客様からお電話で、「よい製品を扱ってくれてありがとうございます。これからも頑張ってください。」と言われてときは涙が出るほどうれしかったです。
色々と困難なこともありましたが、何より勇気をもらえたのは、数あるお店からうちを選んで商品を購入してくださるお客様の存在でした。

- 最後に -
最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも、末永くお付き合いただきますよう、よろしくお願いいたします。
これからも愛犬、愛猫との心豊かでハッピーな生活を送られることを心より願っています。
 
- アメリカンペットプロダクツ代表  QP松本 -
 
[ 代表者略歴 ]

代表者松本千雅子
○好きなこと:音楽&美術鑑賞、読書、パーティー、猫の里親探し、ごろ寝
○星座:てんびん座
○血液型:AB型
○ニックネーム:QPさん(見たまま)
岩手県出身。早稲田大学卒業後、アルバイトを経て渡米。
カリフォルニア州ミルズカレッジ大学院に留学、中退。アメリカの会社で働いた後、帰国。
外資系企業で翻訳者として勤務しながら、こだわりの輸入ペット用品、フードのお店「アメリカンペットプロダクツ」をオープン、今に至る。現在、外猫を含む8匹の猫の面倒を見ている。

商品を選ぶ

アイテムから探す

ドッグフード
キャットフード
プティート・キュイジーヌグルメ猫缶
世界から集めた犬用品
世界から集めた猫用品
世界から集めた小動物用品
アウトレット

モバイルショップ