今ご注文いただくと、


         発送予定です。

あくまで目安です。状況により異なります。

室内飼いの肉食動物

 

真性肉食動物は、健全に成長するために肉を食べなければならない動物のことです。ヒョウ、ライオン、トラのように、猫は、真性肉食動物の代表的な例であり、炭水化物または他の植物性食品を必要としません。 真性肉食動物は、植物性食品を利用するために必要な生理機能を欠いており、実際、肉食哺乳動物では、植物は嘔吐を誘発するために食べます(ヘアボールの除去等)。

猫が野生で摂る食事の平均栄養分析は、動物性タンパク質50-54%、動物性脂肪22-26%、炭水化物5%未満です。ヤングアゲインフードラベルをお読みいただくこと、すべてのキャットフードがこれらの栄養分析にあてはまることがおわかりいただけます。

肉は酸性であり、pHが7.0未満(中性pH)であり、植物材料がアルカリ性(pHが7.0より高い)であることがわかります。猫の尿路はアルカリ性でなく酸性でなければなりません。猫の尿がアルカリ性の場合、猫は結晶を発達させる可能性が高くなります。

2004年の研究では、猫の食事に炭水化物を追加すると、尿中の結晶が増加し、尿量が減少しました。尿量が少ないということは、ミネラルの尿比重(濃度)が上がることを意味します。これにより、これらのミネラルが沈殿して、猫の膀胱または尿路の他の部分に結石や結晶を形成する可能性が高くなります。ミネソタ大学の最近の研究では、結石や結晶を防ぐために、猫の尿の比重が1.030以下に留まることが不可欠であることが示されています。すべての「ヤングアゲイン」のキャットフードは、平均尿比重が1.020になるように作られています。


肉は酸性であり、pHが7.0未満(中性pH)であり、植物材料がアルカリ性(pHが7.0より高い)であることがわかります。猫の尿路はアルカリ性でなく酸性でなければなりません。猫の尿がアルカリ性の場合、猫は結晶を発達させる可能性が高くなります。

炭水化物はまた、動物性タンパク質よりも早く猫の胃腸管で消化されるため、動物性タンパク質のみの場合よりも食事の頻度が増します。過食(1日に燃焼するよりも多くのカロリーを摂る)は肥満につながり、糖尿病、腎臓病、結石および/または結晶のような、より重篤な状態を発症する可能性を大きく高めます。肥満の猫は、カロリーを過剰消費するだけでなく、正常な代謝のために体が必要とするよりも多くのミネラルを消費します。糖尿病を発症するほとんどの猫は、診断時に20〜35%の炭水化物を含む食事を食べています。「ヤングアゲイン」 の「ゼロ グレインフリー ハイプロテイン プレミアム キャットフード」は、糖尿病予備軍、糖尿病および糖尿病の猫において、高い寛解率を示しています。これらの糖尿病の猫の約85%は、炭水化物0の「ヤングアゲイン」の「ゼロ」シリーズのキャットフードを数ヶ月与えるだけで、寛解に至るでしょう。これらの糖尿病になりやすい猫には、極力、炭水化物は避けるべきです。多くの糖尿病処方食とされるキャットフードには、15%以上の炭水化物が含まれています。


ほとんどの家猫は、管理された環境内にいるため、好きなときに好きなことをすることはできません。日光浴をしたり、あなたが読んでいる雑誌の上に寝そべったり、遊んでいたとしても、自力で空のフードボウルを満たすことはできません。あなたの猫はまだ少しフードが残っているのにも関わらず、餌を欲しがって鳴いたりしたことはありませんか?

ボウルの餌が半分以下に減っていて、あなたが家にいないとき、彼らはどうすると思いますか?彼らは、本能的に、食べものは自分で見つけなければならないと感じるので、半分しか餌の入っていないボウルは、悲劇でしかありません。彼らには、あなたがいつものようにボウルを餌で満たしてくれるとは到底思えません。その代わり、残りの餌を他の猫にとられまいと猛ダッシュで食べ尽くしてしまうでしょう。

それは、あなたの猫は、家の中に豊富な餌(ボウル半分の餌はダメです)があることを理解できれば、猫は、満足し、食べすぎることはないでしょう。猫は、真性肉食動物であることを常に頭の中に入れておいてください。餌を与える場合は、動物性タンパク質/脂肪のみを与えて、炭水化物は絶対に5%を超えないようにしてください。

肉を基本とした餌を与え、ボウルを常に餌で満たすことは、他の何より、あなたの愛猫の健康に寄与するでしょう。

猫は、そもそも独立していて、自給自足をする動物です。あなたの愛猫が家で唯一コントロールできないのは、より多くの餌をゲットすることです。愛猫の餌の入ったボウルは常にいっぱいになっているように気をつけてください。私たちは猫の自然本能を理解し、それを活かすことによって、私たちは彼らの生活を改善し、彼らの家をより良い場所にすることができます。これらの簡単な変更を実施するだけで、3カ月以内に、より健康で幸せな猫の姿を見ることができるでしょう。ヤングアゲイン」キャット・フードを与えることで愛猫の被毛は柔らかくなり、活動レベルと全体的な健康が増進することにお気づきになるでしょう。自由採食法のより詳しい論文は、こちら(自由採食法について)をお読みください。

商品を選ぶ

アイテムから探す

ドッグフード
キャットフード
世界から集めた犬用品
世界から集めた猫用品
世界から集めた小動物用品

モバイルショップ

ショップについて

松尾 美桜

ご質問、ご不明な点があれば、お気軽にお問い合わせください。メーカーに直接問い合わせる場合、日数がかかる場合がありますが、納得行く回答が得られるまでサポートさせていただきます。