「ヤングアゲイン」について

日本の皆様には、あまりなじみのないペットフードメーカー」である、「ヤングアゲイン」は、原料、製法にこだわりぬいたペットフードメーカーとして、1987年から革新的なペットフードを世に送り出しています。「ヤングアゲイン」は、動物園関係者や野生動物の研究者には知られた存在ですが、それは、「ヤングアゲイン」が最初に製造したのが、ズーアニマルと呼ばれる、動物園の動物用のフードだったからです。一般向けに小売販売されていない、業者間取引による販売です。サンディエゴ動物園やインディアナポリス動物園の動物達で、「ヤングアゲイン」を与えられている動物たちがたくさんいます。動物学の観点から、動物の生態、食性、ライフスタイルを熟知している「ヤングアゲイン」だからこそできることです。 その経験と知識が「ヤングアゲイン」のドッグフード、キャットフードにはいかされています。

ペットフード業界の革命児

「ヤングアゲイン」の創業者である、マイケル・マッシー(Michael Massie)のアプローチはあくまで科学的です。当初から、獣医師や、ブリーダーとタッグを組み、ペットフードの開発を行ってきました。あまり知られていませんが、「グルテンフリー」のペットフードの製造、販売を世界で初めて行ったのは、ヤングアゲインです。ペットの免疫系を強化する「核酸(ヌクレオチド)」をペットフードに配合したのも「ヤングアゲイン」が世界で初めてです。

原料のみならず、フードの製造は、マイケルが建設した最先端の設備を備えた自社工場で行っています。製造システムの中核にあるのがスイス製の二軸押出機です。成形の精度が高く、高品質の製品の製造能力に優れ、人間用の朝食シリアルやスナック、パスタの製造に広く使われている機械です。

ヤングアゲインがお客様から幅広くご好評をいただいている背景には、ヤングアゲインの栄養に対するたゆまぬ追求心と、新発想・新技術への果敢なチャレンジ精神があります。よりよいものを作る、よりよいものに変えていく、その姿勢をヤングアゲインは常に保ち続けています。

フードの製造は、マイケルが建設した最先端の押し出し成型工場で行っています。製造システムの中核にあるのがスイス製の二軸押出機です。成形の精度が高く、高品質の製品の製造能力に優れ、人間用の朝食シリアルやスナック、パスタの製造に広く使われている機械です。

「ヤングアゲイン」がお客様から幅広い支持をいただいている背景には、栄養に対するたゆまぬ追求心と、新発想・新技術への果敢なチャレンジ精神があります。よりよいものを作る、よりよいものに変えていく、その姿勢を常に保ち続けているメーカーと言えます。

古くて新しいペットフード

「ヤングアゲイン」は、長年に渡って、最高品質のペットフードの製造、技術革新に懸命に取り組んできた数少ないメーカーです。ご愛用くださる皆様のペットがよりよい毎日を送れるよう、「ヤングアゲイン」はこれからも、最先端の技術と広範囲にわたる研究や数々の試験を組み合わせて、画期的な製品を届けてくれるはずです。この機会に、「古くて新しい」ヤングアゲインのペットフードをぜひ、お役立てください。

商品を選ぶ

アイテムから探す

ドッグフード
キャットフード
世界から集めた犬用品
世界から集めた猫用品
世界から集めた小動物用品

モバイルショップ

ショップについて

松尾 美桜

ご質問、ご不明な点があれば、お気軽にお問い合わせください。メーカーに直接問い合わせる場合、日数がかかる場合がありますが、納得行く回答が得られるまでサポートさせていただきます。