猫の糖尿病

うちの猫が糖尿病になった….どうすればいい?

正しい栄養を与えることで、寛解の状態にもってゆくことが可能です。餌をデンプン1%未満の食事に変えることで、栄養に基づく「寛解」は可能です。

ネコの糖尿病とは何ですか?

ネコの糖尿病の原因は正確な数多くありますが、1文でまとめることができます。あなたの猫の血流中のグルコースは過剰なレベルにあるにも関わらず、この余剰なグルコースを除去するのに必要な十分なインスリンを作ることができないというものです。あなたの猫の膵臓はまた、損なわれます。重要なのはどの程度のダメージかということです。

私の猫はなぜ糖尿病になったのでしょうか?

真の肉食動物は野菜を食べる必要はありません。実際、いくつかの肉食動物は栄養のためではなく、ヘアボールを取り出すために植物を摂取することがあります。家猫は、真性肉食動物で、炭水化物や他の植物性物質を必要としません。他の多くのキャットフードに見られる過度の炭水化物や植物成分は、結石や糖尿病、肥満、尿路の問題につながることさえあります。デンプンはタンパク質よりも早く消化され、猫の膵臓に不要なストレスを与えて弱めます。膵臓の機能が弱まるにつれて、過剰な血糖を除去するのに必要なインスリンを生成することができなくなります。これが糖尿病です。

糖尿病の程度に違いはありますか?

デンプンによる影響が長期に渡っていて、重度である猫の中には、生きるために、インスリン注射を常に必要とするものもいます。しかし、膵臓の損傷が限定的な場合、回復するチャンスがあります。こうお考えください。 あなたの猫の弱った膵臓は、25%のデンプンを含むキャットフードには耐えられないかもしれないが、1%未満のものなら受けつけてはくれないだろうか?答えは「イエス」です。そして、寛解に至らない場合でも、より少ないインスリンでグルコースの量を容易に調節、管理することができるようになります。また、糖尿病には、ごくわずかですが、感染または投薬によって引き起こされることがあることを覚えておいてください。他には、環境または遺伝的な要因が考えられます。かかりつけの獣医師に判断を仰いでみてください。

ヤングアゲインの「ゼロ」キャットフードにはどのような利点がありますか?

ヤングアゲインの「ゼロ」シリーズは、動物のタンパク質と脂肪だけを使用しています。穀物、野菜、果実、果物、または植物タンパク質は一切使用していません。ヤングアゲインのペットフードに、植物に由来する成分が含まれている場合、難消化性の食物繊維であり、それは腸の動きをよくし、血糖値の急激な上昇を抑えることはあっても、血糖値には影響しません。
 

ヤングアゲインは、糖尿病や肥満の猫に推奨される「ゼロ」シリーズとして、キャットフードを3種類開発しました。「ゼロ グレインフリー ハイプロテイン プレミアム 」キャットフードは、あらゆる年齢のすべての猫に与えることができます。
 

ヤングアゲインの「ゼロ マチュアヘルス グレインフリー ハイプロテイン プレミアム キャットフード」は、骨の成長のとまった成猫に不要なミネラルやビタミンD3の量を少なくしています。私たちの成熟した食べ物は、泌尿器科の問題のある猫や腎臓病のある猫にもおすすめです。「マチュア」の定義は、骨の成長が止まっている猫ということです。あなたの猫の成長状態がわからない場合は、獣医師に相談してください。成長の止まった猫と成長期の猫の両方がいる場合は「ゼロ グレインフリー ハイプロテイン プレミアム キャットフード」を与えてください。
 

ヤングアゲインの「ゼロ グレインフリー ハイプロテイン プレミアム キャットフード」と「ゼロ マチュアヘルス グレインフリー ハイプロテイン プレミアム キャットフード」は、炭水化物の含有量が1%未満の唯一のドライキャットフードです。ヤングアゲインは、独自の特殊製法により、これまで不可能だったデンプンをつなぎに使わずにドライフードを製造する方法を編み出しました。その他、穀物(グレイン)、植物性タンパク質、グルテン、野菜、果物は一切含まれていません。
 

「ゼロ」シリーズのキャットフードに微量のデンプンしか含まれていないことを公的に証明するため、外部の研究機関でデンプン含有量を計測して確認しています。「ゼロ」シリーズのキャットフードには、正真正銘、デンプンは1%未満しか含まれていません。大手、独立系、様々なウェブサイトを閲覧しても、ヤングアゲインの「ゼロ」シリーズキャットフードより少ないデンプン量のドライキャットフードをこれまで見たことがありません。缶詰では、炭水化物1%未満を標榜しているものもありますが、通常のドライキャットフードには、10%以上の炭水化物が含まれています。
 

ラインより少ないデンプンを含む別の押出食品を認識していません。未満のその大部分には10%を超える澱粉レベルが含まれています。

糖尿病用のキャットフードに何が期待できますか?

  • 猫の糖尿病は、食事により改善させることが可能です。多くのユーザーからは、「ゼロ」シリーズにかえることで、食べ始めから6ヶ月以内に血糖値の正常化と糖尿病の寛解が報告されています。ヤングアゲインキャットフードのユーザーのコメント、糖尿病に関する記事、糖尿病のケーススタディをお読みください。
     
  • 「ヤングアゲイン」のキャットフードは、万猫の口に合うように作られており、全く受け付けない猫は少数ですが、ヤングアゲインのキャットフードに替えることが難しく思われる場合は、100gのお試し用をまず与えてみることをお勧めします。
     
  • 多くのユーザーからは、排尿や猫の糖尿病の二次的症状の急速な改善が報告されています。
     
  • 前糖尿病性の猫は、特に「ヤングアゲイン」の「ゼロ」シリーズのキャットフードに素早く反応し、おおかた2週間以内に元の姿を取り戻します。
     
  • 「ヤングアゲイン」の「ゼロ」シリーズには、1%以下のデンプン/消化性炭水化物を含んでいます。動物性タンパク質のみを使用し、植物タンパク質は含まれていません。
     
  • 猫は、「ヤングアゲイン」がドライフードなのにも関わらず、肉だけで作られた缶詰を食べたのと同じ水分レベルを維持することができます。
     
  • 「ヤングアゲイン」の「ゼロ」シリーズは、糖尿病であるなしに関わらず、すべての猫に与えることができます。猫は真性肉食動物であり、炭水化物を極力含まず、動物性タンパク質と脂肪でできた食事を採ることで健康を維持することができます。
     
  • 「ゼロ グレインフリー ハイプロテイン プレミアム キャットフード」はどの成長ステージの猫にも与えられ、「ゼロ マチュアヘルス グレインフリー ハイプロテイン プレミアム キャットフード」は、リンが少なく(0.5%)、腎臓病や腎臓病の予防を目指す、骨の成長が止まった大人の猫におすすめです。結晶や結石を経験した猫には、「ゼロ マチュアヘルス グレインフリー ハイプロテイン プレミアム キャットフード」をお勧めします。

うちの猫にはどのゼロキャットフードを与えたらよいでしょうか?

「ゼロ グレインフリー ハイプロテイン プレミアム キャットフード」は、子猫から成猫までの全ての猫に与えることができ、成長と発達に必要なビタミンとミネラルとを完全に含んでいます。糖尿病の猫と子猫には、こちらを与えてください。 

 

「ゼロ マチュアヘルス グレインフリー ハイプロテイン プレミアム キャットフード」は、骨が成長していない猫に与えていただくもので、成猫である場合は、こちらをお選びください。ほとんどの猫は2歳で成長が止まります。メインクーンのような巨大な品種では4〜5歳まで成長します。あなたの猫の骨の成長が終わっているかどうか分からない場合は、獣医師にご相談ください。 「ゼロ マチュアヘルス グレインフリー ハイプロテイン プレミアム キャットフード」は、結石、結晶、腎臓病に悩まされている猫にもおすすめです。これは、成猫用のキャットフードであり、子猫がいない場合、こちらのフードが最適です。

「「ヤングアゲイン」ペットフード開発の目的は、猫の生活の質を改善することで、飼い主の人生を容易にし、飼い主の満足に貢献することです。「ヤングアゲイン」をすべての猫にお勧めします。予防に勝る治療なし。「ヤングアゲイン」のドライキャットフードをすべての猫にお勧めします。

商品を選ぶ

アイテムから探す

ドッグフード
キャットフード
世界から集めた犬用品
世界から集めた猫用品
世界から集めた小動物用品

モバイルショップ

ショップについて

松尾 美桜

ご質問、ご不明な点があれば、お気軽にお問い合わせください。メーカーに直接問い合わせる場合、日数がかかる場合がありますが、納得行く回答が得られるまでサポートさせていただきます。