猫の腎臓疾患

Margaret A. Wissman、獣医師

腎臓病には2つの種類があります。急性および慢性です。急性の腎臓の病は緊急に治療する必要があります。猫の慢性腎臓病は、獣医師によって診断されます。慢性腎臓病と診断され時点で、あなたの獣医師は愛猫に合った治療計画を作成してくれるでしょう。
 

腎臓は強力な化学工場であり、体内の老廃物を除去する他、多くの機能を果たします。腎臓は、体内の特定の薬物を除去し、体液のバランスを整え、血圧を調節するホルモンを放出し、強く健康な骨に必要な活性型のビタミンD3を生成し、最終的に腎臓はまた赤血球の生成をコントロールします。

腎疾患の原因

2型糖尿病は、CRD(慢性腎臓病)の原因となる疾患の1つです。高血圧もCRDの原因となることがあります。多くの肥満猫は高血圧であり、CRF(慢性腎不全)になりやすいものです。腎臓結石はまた、腎臓細胞の死に関与しており、経時的に慢性腎疾患の徴候を引き起こす可能性があります。バクテリアを伴う膀胱感染が尿管と尿管の上に上って腎臓に入ると、これも腎細胞の死を招く可能性があります。毒素、寄生虫、殺虫剤はすべて腎臓損傷を引き起こす可能性があります。感染後に糸球体腎炎(糸球体と呼ばれる微視的管の炎症)が起こることがあります。あるいは、炎症が時間の経過と共にゆっくりと起こり、最終的に腎臓にCRDを引き起こす損傷をもたらすことがあります。
 

太りすぎのネコは、高血圧や心筋症(心臓病の一種)を発症する可能性がより高いです。

腎疾患の徴候

猫が通常よりも多くの水を飲んでいると思われる場合、また、尿の量が多い場合、腎疾患が疑われ、このような場合は、血液検査、特にBUN(血液尿素窒素)、クレアチニン、カルシウムおよびリンのレベルを測定し、同時に尿検査を行うが望ましいです。可能であれば、血液検査と尿検査を同時に行うことが重要で、あなたの猫の腎臓の健康に関する具体的な情報を獣医師に与えます。

腎臓は尿を濃縮すると考えられています(通常SGは1.015-1.050)。腎臓病の猫の場合、通常、尿を効率的に濃縮することができなくなるため、尿の比重は低く、希釈尿を示すことがあります。特定の重力(SG)が1.010の尿は、濃縮も希釈もされていません。タンパク質が尿中に漏出するので、尿中のタンパク質レベルは通常、CRDの場合に高まります。尿に対して行われる他の検査には、マイクロアルブミン検査、およびタンパク質:クレアチニン比検査があります。
 

腎臓は骨髄を刺激して赤血球を産生するため、喉の渇きや尿量の増加(多尿と多嚢胞を意味するPU / PDと呼ばれることが多い)に加えて、CRDの猫が貧血になることがあります。一般的ではないですが、もう一つの兆候には浮腫、または組織内の体液貯留があります。血中の毒素が溜まると、猫の食欲を低下させます。嘔吐することもあります。嘔吐は、胃の酸性度の上昇または胃の内膜の潰瘍で引き起こされることがあります。猫は治療を受けないと、猫は疲労し、うつ状態になる可能性があります。

CRDとリン(リン酸塩)の重要性

血液検査のとき、CRDの別の徴候に、血漿または血清中のリン酸塩レベルの増加があります。これは高リン酸血症(HPT)と呼ばれています。リン濃度はCRDと共に高まります。腎臓疾患の患者のリン濃度を制御することは非常に重要ですが、残念なことに食事制限は通常、血清中のリン濃度を制御するには不十分です。
 

猫の血中のリン濃度は、CRDを持つ猫を観察する上で重要な指標となります。目標は、血液中のリン酸塩レベルを4.5 mg / DL未満に保つことです。リンの68%が腎臓から排出されることが知られています。血中のリン濃度が上昇すると、副甲状腺は余質な副甲状腺ホルモン(パラトモロンまたはPTH)を放出してリンの排泄を増加させます。このホルモンはまた、腎臓からのカルシウムとマグネシウムの能動的な再吸収を高める働きをします。時間の経過とともに、やわらかい組織が、血流中の過剰なカルシウムにより石灰化することがあります。
 

CRDと診断されたら、CRDを管理するため、獣医師と緊密に協力する必要があります。早期診断、栄養療法、適切な薬物療法、そして在宅ケアのサポートが愛猫にとってベストな結果をもたらすでしょう。

慢性腎不全(CRF)の治療

CRFの猫の管理と治療に関し、ビタミンB群の補給は、鉄補給と同様に貧血の問題に役立ちます。ビタミンAは腎臓の健康に必要です。オメガ脂肪酸は腎臓にとっても重要であり、何種類かを組み合わせることで、腎臓組織の炎症を予防するのに役立ちます。
 

愛猫がCRDと診断されたら、血流のリン酸塩濃度を下げるために、獣医師はいくつかのリン酸塩結合剤の1つを処方するかもしれません。いくつかの種類があり、食事制限によりリン濃度が4.5 mg /DLを下回っていない場合、長期的に心血管石灰化を防ぐのに役立ちます。これには、腎疾患の副産物である胃腸管内の腎毒素と結合するAzodylアゾジルと甲殻類の殻に由来するEpakitinエパキチン(安全なリン酸塩結合剤)が含まれます。水酸化アルミニウムは、経口で投与され、リン濃度を低下させるのに有用な別のリン酸塩結合剤です。
 

獣医師は、おそらく、カルシウムとリンのレベルの合計である溶解度指数(SI)を計算するでしょう。このレベルが63未満の状態が望まれます。SHIが63より大きい場合、猫は軟組織の石灰化を受けやすく、腎臓における前駆体を活性ビタミンD3に変換することがより困難になることを示している可能性があります。
 

ある時点では、猫の腎臓は腎臓の毒素を洗い流すことができず、血流内でレベルも上昇し、生命を維持するために十分な飲食できなくなる場合があります。その
場合、獣医師は、輸液(SQと呼ばれる)をしたり、静脈にカテーテルを挿入して血流に直接投与します。
 

飼い主の中には、指導を受け、自宅で猫に輸液を行う方もいます。定期的に獣医師に行なってもらう方もいます。これは毒素を洗い流すのに役立ちます。
 

腎臓が機能しなくなると、人間においては、腎臓移植が次のステップになります。いくつかの高度な獣医病院と獣医大学はネコ腎臓移植が行われていますが、さまざまな理由で、多くの飼い主が選択できる方法ではありません。
 

CRDは治療することはできませんが、猫の命を長らえることはできます。猫の腎臓がどのように機能しているかを観察するには、BUNとクレアチニンの定期的な血液検査と尿比重の同時検査が大切です。 CRDの猫でも、多くの場合、早期に発見し、適切な処置を行うことにより、何年もの間、質の高い生活を送ることができます。

商品を選ぶ

アイテムから探す

ドッグフード
キャットフード
世界から集めた犬用品
世界から集めた猫用品
世界から集めた小動物用品

モバイルショップ

ショップについて

松尾 美桜

ご質問、ご不明な点があれば、お気軽にお問い合わせください。メーカーに直接問い合わせる場合、日数がかかる場合がありますが、納得行く回答が得られるまでサポートさせていただきます。