猫下部尿路疾患(FLUTD)

本文は、尿路結石(膀胱、またはまれに尿路以外の部分に見つかる石)や結晶尿(泌尿器内の結晶)などの猫下部尿路疾患(FLUTD)において、ヤングアゲインがこれらの問題にどのように役立つかについて述べています。
 

猫の尿にはさまざまな種類の石と結晶が存在します。公開されている様々な文献をレビューした後、現在多くのネコを悩ましている最も一般的な尿路の問題の多くを解決する(猫の飼い主が行うことのできる)できる重要な方法がいくつかあることがわかりました。まず、最初に行うことは、愛猫に与える食べ物と水の検証です。これらは、想像以上に、尿路(UT)の健康に最も大きな影響を与えます。 2番目は、尿の比重(SG)とpH値を調べることです。水に関しては、蒸留水を与えないでください。蒸留水は、蒸留プロセスによって実質的にすべての鉱物が除去された水です。蒸留水は軽度の酸として作用し、骨の損失、歯の問題および他の医学的問題の原因となりえます。
 

研究者は、尿路結石や結晶尿がどのように形成されているのかを理解していません。遺伝が関係しているかもしれません。ある種の結晶や石は一般的で、あるものはまれです。適切な食餌で溶解するものもあれば、手術または他の療法を必要とするものもあります。しかし、すべての研究に共通している事実があります。尿の比重を1.030未満に維持する必要があるということです。さまざまな異なるタイプの結晶の予防のために、健康な尿pH範囲が確立されています。
 

尿の比重(SG)は、ミネラルや他の老廃物が尿中にどれだけ浮遊/溶解しているかを示す測定値です。真水のSGは1.000であり、海水のSG平均は1.025です。正常な猫の尿比重の基準範囲は1.015-1.050です。研究では、すべての結晶を避けるためには1.030未満のSGが不可欠であることを示しています。
 

SGが高いほど、尿中に浮遊するミネラル/老廃物を引き起こす結晶/尿石のレベルが高くなりなります。 SGが上昇するにつれて、ミネラルが懸濁液から沈殿し、尿石があなたの猫の尿路のどこかに形成される可能性が高くなります。SGが低いほど、ミネラルが尿から沈殿する可能性が低くなります。ウェットフードを与えるか、キャットフードに水を加えると、SGレベルが低下させることが言われます。言い換えれば、尿結晶や尿石症の予防に、猫により多くの水を飲ませることは有効です。
 

ヤングアゲインは、尿比重はキャットフードと直接関係していると考えます。「ヤングアゲイン」のキャットフードはすべてに動物性たんぱく質が使用され、消化しやすい炭水化物は、6%以下に抑えられています。「ヤングアゲイン」の「ゼロ」シリーズには、炭水化物は含まれていません。
 

2004年、フードに含まれる炭水化物が尿中のストラバイト結晶の形成にどのような影響を及ぼすかを調査する研究が行われました。結論は、デンプン/炭水化物は、ストラバイト結晶または尿石の形成を潜在的に刺激したというものでした。そのため、研究者は、猫の食事中のデンプン/炭水化物のレベルを低下させることを勧めました。この研究ではまた別の興味深い事実が発見されました。デンプン/炭水化物をタンパク質/脂肪食に添加し、猫に自由に選択をさせて食べさせると、尿量が減少しました。一般に、尿量が減少するとSGは上昇します。炭水化物は猫の水を飲みたい欲求を減少させるように思われました。少ない量の水を飲むことは、健康な猫がすべきことではありません。
 

「ヤングアゲイン」製品を与えると、尿比重は1.015〜1.025の間になり、かつ、猫は適切な量の水を飲みます。「ヤングアゲイン」のドライキャットフードに水を追加する必要はありません。ヤングアゲインを与えられた猫たちの尿SG は、平均1.020くらいになるでしょう。骨の成長が終わると同時に、「ヤングアゲイン」のマチュアフォーミュラ(ゼロ マチュアヘルス グレインフリー ハイプロテイン プレミアム キャットフード)に切り替えることも重要です。しかしながら、メインクーン猫のような品種の場合、完全に骨の発育が止まるまでに5年ほどかかることがあります。愛猫の骨がまだ成長途中であるかわからない場合は、獣医師または飼育係に相談してください。
 

ほとんどの猫は、2〜10歳の間に結晶または尿石を発達させることに注目する必要があります。多くの人は、通常、猫が約10歳になるまで、シニアフードの使用を検討しません。余分なミネラルを猫に与えることは、水晶や泌尿器の形成を助長する主な原因の1つであることが示されます。肥満の猫は常に過剰なカロリー/フードだけでなく、ミネラルも余分に摂取しています。ヤングアゲインの「ゼロ マチュアヘルス グレインフリー ハイプロテイン プレミアム キャットフード」は、成長期用のキャットフードに比べ、ミネラルの量が約半分に抑えられています。成猫では、低マグネシウム、カルシウム、リンが長期に渡って尿路の健康を保つのには不可欠です。ちなみに、最もよく見られる尿結晶および尿石の多くは、これら3つのミネラルの少なくとも1つでできています。
 

猫の尿のpHは主にキャットフードと水を飲む量によって決まります。ストルバイト結石は10年前の猫の尿ではよく見られましたが、今ではあまり見かけません。シュウ酸カルシウム結石は、10年前より今の方がよく見られます。ペットフードメーカーの多くがキャットフードをより酸性の尿を生成するように変えたのは、大理石が酸性の尿で溶解されることからでした。ストルバイト結石は、尿のpHが6.4未満でSGが1.030未満のときには、形成されないか透明化しません。一方、シュウ酸カルシウム結石は、尿pHが6.25以上、SGが1.030未満では形成されず、また、容易に溶解しないため、手術または砕石術によって除去されなければならない場合が多いのです。キャットフード中のpHが低下(酸性化)するにつれ、シュウ酸カルシウム結石の発生率が上昇しました。一般的に、6.0 - 6.5pHの範囲が、ほとんどの猫において望ましい値となっています。しかし、多くの猫の尿のpHは5.0-7.0の範囲になっています。キャットフードのpHの低下につれて、尿酸塩結晶と結石の割合も増加しました。尿のpHが6.6より大きく、SGが1.030未満の場合はまれです。
 

1つの食事療法で2つのタイプの結晶および結石に対応するpHを生成させることは不可能であることはおわかりいただけたと思います。 しかし、研究を通じて得られた共通の課題は、結晶化を防ぐために、比重を1.030未満に抑えなければならないということです。尿が常に薄められ、結晶や石を生成する余分なミネラル(低ミネラルのキャットフードを与える)がない場合、結晶や結石は形成されにくくなります。結石、結晶が生じやすい猫の中には、比重が低くても、遺伝的異常や、体内のカルシウムなどのミネラル量を制御できないことがあるため、絶対とは言えません。
 

「ヤングアゲイン」のペットフードでは、6.0〜6.5の尿pH範囲、平均pHが6.3であり、この範囲は水、猫に与えられた他のキャットフードおよび猫固有の体質の影響を受けることがあります。

 

尿pHと比重テストは、あなたの猫の健康状態を見守る上で重要です。「ヤングアゲイン」のキャットフードは、おおよそ1.020の低尿SGを生成するように作られています。もし、「ヤングアゲイン」のキャットフードを与えているにも関わらず、複数の検査でSGレベルが高い場合、他の病気の症状の有無を調べる必要があります。例えば、あなたの猫のSGが1.050、pH が6.25未満で、血中のカルシウムが高レベルであった場合(最良のテストはイオン化カルシウムテストです)、シュウ酸カルシウム結石の発生リスクが高まります。SGの値を引き下げるには、猫缶などのウェットキャットフードを与えることも効果があると言われていますが、「ヤングアゲイン」のキャットフードは、通常の炭水化物を含むウェットキャットフードより低いSGレベルとなります。あるいは、水の摂取量を上げるため、食塩を少量猫の飲み水に加えることを勧める獣医師もいるでしょう。
 

UT細菌感染の再発する場合、結晶症や尿結石の初期の早期の段階であることの警告である可能性があることにご注意ください。抗生物質は通常石には浸透しませんが、多孔質の膀胱の尿石は、細菌の隠れ場所として最適だからです。
 

ストルバイト結石とシュウ酸カルシウム結石は、今日の猫の尿に見られる最も一般的な沈殿物です。ストルバイト結石は非常に珍しく、1990年の販売開始以来、ヤングアゲインのキャットフードを与えられている猫で、これまでメーカーに症例が報告されたことはありません。メーカーは、これまで、結晶や石の問題で、5匹の猫の症例の報告受け取りましたが、内3匹はシュウ酸カルシウムで、2匹は未確認の結晶でした。加えて、5匹のすべての猫は、「ヤングアゲイン」のキャットフードを与えられる前に妊娠した経験がありました。このデータによって、「ヤングアゲイン」のキャットフードを普段から食べている猫に、結晶を発生する確率は非常に低いという結果につながります。
 

人間およびいくつかの動物による新しい研究で、正常なシュウ酸カルシウム代謝およびシュウ酸塩分解に関係するオキサロバクター・フォルミジェネスと呼ばれる細菌が腸管に存在することが報告されています。この細菌は嫌気性細菌と呼ばれるグループに属し、酸素のない中で生き、哺乳動物の健康な結腸に定着しています。消化管内のこの細菌がないと、血中カルシウムレベルが上昇し、シュウ酸カルシウムが尿中に沈殿し、シュウ酸カルシウム結晶から沈殿が生じ、最終的にシュウ酸カルシウム結石が生じる可能性が生じます。人間の腸内におけるこの働きが、ネコ、うさぎ、およびげっ歯類などの他の種族の動物にあてはまることを証明する多くの研究が行われています。

残念なことに、フロロキノロンと呼ばれる抗生物質のグループは、胃腸管におけるオキサロバクターを消失させる原因となります。このグループの抗生物質は、エンロフロキサシン(BaytrilTM、シプロフロキサシン、Marbofloxacin、ZenaquinTM、norfloxacin、orbifloxacin、OrbaxTMなど)が含まれます。ここれらの抗生物質は、しばしば猫の様々な細菌感染症の治療に非常に有用で、命を救うことが証明されている一方で、多くの哺乳動物種の腸からオキサロバクターを排除してしまいます。

あなたの愛猫のための有効な提案:

年齢に適した「ヤングアゲイン」のキャットフードをあなたの愛猫に与えてください。「ヤングアゲイン」のキャットフードは、特に結晶や結石に関して優れた実績があり、獣医師による検査で問題が現在進行系である場合を除き、さらなるフードの変更は必要ありません。健康診断のために獣医病院を訪れる場合は、特に尿pHと比重を知るための尿検査を獣医師に相談するようにしてください。特に、総タンパク質、アルブミン、BUN、クレアチニン、カルシウム、イオン化カルシウム、リン、マグネシウムの血清検査について獣医に尋ねることをお勧めします。ほとんどの標準的な血液検査は、イオン化カルシウム検査のぞくこれら全ての項目が含まれるでしょう。
 

あなたの猫がヤングアゲインを食べていて、血液検査の結果で異常値が示された場合、経験上、療養食に切り替えることはあまり有効な手段ではありません。おそらく、猫の生理機能に特異な異常があり、食べ物が原因でないケースがほとんどです。 pHまたはSGの値が異常である場合は、猫の個体の体質のあったサプリメントを正常レベルになるまで与えることができます。食事を変える前に、かかりつけの獣医師と猫に与えたいサプリメントについて話し合ってみてください。
 

血清カルシウムが高い場合に初めて、過剰なカルシウムやビタミンD3が原因でなかったことを確認するため、食事を見直します。(おやつや健康サプリメントに多く含まれている場合があります)。そして、シュウ酸カルシウムが形成されにくいレベルにまで尿のpHレベルを下げるようにします。

商品を選ぶ

アイテムから探す

ドッグフード
キャットフード
世界から集めた犬用品
世界から集めた猫用品
世界から集めた小動物用品

モバイルショップ

ショップについて

松尾 美桜

ご質問、ご不明な点があれば、お気軽にお問い合わせください。メーカーに直接問い合わせる場合、日数がかかる場合がありますが、納得行く回答が得られるまでサポートさせていただきます。