「ヤングアゲイン」製品の選び方(キャットフード)

成猫の場合:

成猫には、50/22 プレミアム ハイプロテイン キャットフード、マチュアヘルス プレミアム ハイプロテイン キャットフード、もしくはゼロ マチュアヘルス プレミアム ハイプロテイン キャットフードを与えてください。成猫の場合、骨は十分成長を終えていますので、ミネラルを控えめにしたこれらのフードがおすすめです。リンの含有も少ないので、年齢とともに心配になってくる腎臓の健康維持にも役立ちます。猫の場合、骨が成長を終えたら成猫と考えていいでしょう。たいてい2歳くらいですが、メインクーンのような大柄の猫種の場合は、5歳くらいと考えてください。判断がつきにくい場合は獣医さんやブリーダーさんにご相談ください。

50/22 プレミアム ハイプロテイン キャットフードは、全猫種・全年齢に対応します。
ゼロ プレミアム ハイプロテイン キャットフードは、全猫種・全年齢に対応します。
 

ご注意:ゼロ マチュアヘルス プレミアム ハイプロテイン キャットフードは、子猫や成長期の若い猫には決して与えないでください。

肥満気味の猫の場合:

「ヤングアゲイン」のどのフードを与えても大丈夫です。まず糖尿病や泌尿器系疾患などの健康状態を確認したうえで、年齢に合わせて選ぶことをおすすめします。

「ヤングアゲイン」のどのフードも、与えていくうちに脂肪が減って筋肉量が増えてきます。1袋分与え終わってもまだ肥満が続いている場合は、ゼロ プレミアム ハイプロテイン キャットフードまたはゼロ マチュアヘルス プレミアム ハイプロテイン キャットフードに切り替えてみてください。

多頭飼いの場合:

仲良くしているように見えても、食べ物に関してはライバル心が起きてしまうのが猫です。室内飼いの猫たちは、家の中のフードは自分のものだと思っていて、フードが残りが半分になっていればおなかがすいたよと飼い主さんに訴えることができます。猫は元来独立志向が強く、自分が必要なもの、特に食べ物は、自分で調達しようとする生き物です。狩りができない以上、自分にとって何より大事な食べ物に関しては飼い主さんに頼るしかありません。飼い主さんが帰宅途中で交通事故にでも遭ったら自分の命の存続に関わると思っています。猫たちは飼い主さんがちゃんと生きているかが心配で、他の猫が食べているのを見ると自分も食べようとしますし、フードが半分なくなったのを見ると、これが最後かもしれないと焦って残りを食べてしまおうとします。こうしたことや炭水化物の過剰摂取が原因で、飼い猫の約60%が肥満気味だという現実を作り出しているのです。

多頭飼育でそのうち子猫が1匹の場合は、子猫用のフードを他の猫たちにも与えてください。

現在泌尿器疾患がある、あるいは過去に泌尿器疾患にかかった猫の場合:

マチュアヘルス プレミアム ハイプロテイン キャットフードまたはゼロ マチュアヘルス プレミアム ハイプロテイン キャットフードをおすすめしますが、これ以外のフードでも泌尿器のトラブルが発生したケースはほとんどありませんので、年齢や健康状態に合わせて自由に選んでください。

糖尿病の猫の場合:

ゼロ プレミアム ハイプロテイン キャットフードまたはゼロ マチュアヘルス プレミアム ハイプロテイン キャットフードのみをおすすめします。他のフードは与えないでください。このどちらかなら、85%の割合で改善が見込めます。炭水化物やデンプンの含まれたフードを与えると、改善が見込まれる割合は25%に低下します。

糖尿病の猫にはどんなフードでもよいとする説が数多くありますが、炭水化物の総量が全体の10%未満のフードは不適切だと弊社では考えています。Young Againのゼロ プレミアム ハイプロテイン キャットフードとゼロ マチュアヘルス プレミアム ハイプロテイン キャットフードは、消化性炭水化物とデンプンを一切含んでいません。この2種以外のフードの場合、消化性炭水化物とデンプンの含有量は6%未満ですが、炭水化物とデンプン6%というのは糖尿病の猫には高すぎる値です。
 

ご注意:多頭飼育でそのうち1匹が糖尿病の場合は、ゼロ グレインフリー ハイプロテイン プレミアム キャットフードか、ゼロ マチュアヘルス グレインフリー ハイプロテイン プレミアム キャットフードのうち、糖尿病の猫の年齢に合う方を、他の猫たちにも与えてください。

商品を選ぶ

アイテムから探す

ドッグフード
キャットフード
世界から集めた犬用品
世界から集めた猫用品
世界から集めた小動物用品

モバイルショップ

ショップについて

松尾 美桜

ご質問、ご不明な点があれば、お気軽にお問い合わせください。メーカーに直接問い合わせる場合、日数がかかる場合がありますが、納得行く回答が得られるまでサポートさせていただきます。