今ご注文いただくと、


         発送予定です。

あくまで目安です。状況により異なります。

「ヤングアゲイン」キャットフードの優れた特徴

以下の記事をご参照ください。「ヤングアゲイン」のキャットフードは、これまでのキャットフードにない数々の特質を備えた画期的なキャットフードです。

注意 
獣医師さんからのアドバイスが別途ある場合は、それに従ってください。
 

自由採食法で餌を与え始めると、およそ60日〜90日で理想的な体重になることが期待できます。肥満や糖尿病の予防で最も大切なのは、適切な栄養バランスです。ヤングアゲインを自由採食法で食べ始めると、健康体重である猫はその体重を維持し、現在肥満気味の猫は90日以内で最適な体重になることが期待できます。
 

ご存じでしょうか、アメリカでは、猫の肥満は実は1970年代からすでに問題となっていたのです。それ以前には肥満の猫はほとんどいませんでした。いったい何が変わったのでしょうか。猫がよく寝るのは1970年代も今も同じですから、原因は運動量ではありません。1970年代以前は、キャットフードといえば肉、つまり猫缶でした。ところが、現在ではデンプンと炭水化物を大量に含むドライフードが主流になり、猫缶も植物原料を含むものが増えてきました。
 

猫を始めとする狩りをする動物にとって、食べ過ぎというのは決して自然なことではありません。考えてみてください。もしも猫が過剰に獲物を捕ってばかりいたら、獲物は枯渇して、やがては猫自身が飢えてしまいます。

高デンプン・高炭水化物のフードで肥満が起きる理由

デンプンや炭水化物は、タンパク質よりも消化が早いため、猫の体内ではエネルギーが大量に増えます。この量は猫自身が一度に燃焼できる量を超え、余ったエネルギーは脂肪として体内に蓄えられます。この蓄えた脂肪を燃やさずに新たに食べるため、食事の間隔が本来必要な間隔よりも短くなっていきます。デンプンや炭水化物の食事によるこうしたサイクルが、猫を肥満にさせていくのです。一方、タンパク質は、消化がデンプンや炭水化物よりも遅く、猫の体内の代謝作用が必要とするスピードと全く同じ早さで進みます。タンパク質ベースの食事なら、タンパク質をエネルギーに変換するのに必要なペースで代謝が行われるので、過剰なエネルギーは生み出されず、脂肪として蓄えられることもありません。

解決策はありますか?

猫は完全な肉食動物ですので、デンプンや炭水化物は当然必要ありません。猫という種別に適した食物は、動物性タンパク質と脂肪です。元来猫が獲物とするネズミの組成を、乾燥ベースで換算すると、タンパク質が50〜56%、脂肪が22〜27%、デンプンや炭水化物が3〜6%です。この理想的な栄養バランスを完全に再現したフード、それがヤングアゲインキャットフードなのです。

トウモロコシ、米、野菜、果物、6%以上のデンプン/炭水化物は、猫本来の健康的な食事には不必要です。

水分摂取を促進する処方

ヤングアゲインキャットフードは、水分摂取を促進して尿路疾患を予防する効果があります。当社独自の処方の根拠となる最新科学については「水分摂取:ドライフードとウェットフードの比較」でご紹介しています。

ストルバイト結石は10年間発症例がありません

現在出ている研究の結果を検証して明らかに言えるのは、結晶や尿石(沈殿物)の多くは、飼い主さんが適切な対策をとれば予防が可能だということです。まずは猫に与える食事の内容、そして水分補給です。どちらも猫の尿路を健康に保つために非常に重要な要素です。次に大事なのは、猫の尿の比重とpH値がどれくらいで、どうすれば治せるかを理解しておくことです。

尿石が生成される仕組みは、研究で解明できているものもあれば、未解明のものもあります。遺伝子が関与している可能性もあります。一般的にできやすいものや、非常にまれなもの、生じても解けやすいものもあれば、手術を要するものなどさまざまです。ただ、あらゆる研究を通じて共通して言えることが一つあります。それは、猫の尿は比重は1.030未満、pH範囲は6〜6.5に維持するべきだということです。この両方を維持すれば、結石はほとんど回避できます。

ヤングアゲインキャットフードはどの製品も、平均の比重が1.020〜1.030、pHが6〜6.5になるように処方されています。

糖尿病の猫とゼロ グレインフリー ハイプロテイン プレミアム キャットフード

「ヤングアゲイン」のゼロ グレインフリー ハイプロテイン プレミアム キャットフードは、仔猫を含む全年齢の猫に対応して処方したフードです。骨の成長段階にある猫の発育をサポートするため、豊富なカルシウム、リン、マグネシウムを他の栄養素とバランスよく配合しています。

「ヤングアゲイン」の「ゼロマチュアヘルスグレインフリー ハイプロテインプレミアム キャットフード」は、骨の発育期を過ぎた猫に合わせて処方したフードです。猫の場合、たいていの猫種では2歳頃、メインクーンのような大型の猫種では5歳頃に成猫になると考えられています。飼い猫が成猫かどうかわからない場合は、獣医師かブリーダーさんにご相談ください。
 

「ヤングアゲイン」のマチュアヘルスグレインフリー ハイプロテインプレミアム キャットフードは、腎臓病の猫にも与えることができます。詳しくは腎臓病についての記事をご覧ください。
 

複数の猫を飼っていてそのうちの1匹が糖尿病という場合は、猫たち全員に同じフードを与えてください。その際、上記のいずれか1種類をお選びください。フードを何種類も与えるのは問題の切り分けを難しくし、混乱を招きます。
 

フードの切り替えは時間をかけず、すみやかに行ってください。ヤングアゲインを気に入ったようなら、従来のフードをやめてヤングアゲインにするだけで大丈夫です。いつまでも他のフードと混ぜながら与えるやり方は避けてください。詳しくはフードに同梱されているリーフレットをお読みください。
 

「ヤングアゲイン」のキャットフードは、1日2回という与え方でなく、自由採食法で与えてください。「ヤングアゲイン」のキャトフードの場合、猫はたいてい1日に6回〜8回に分けて摂るようになります。少量ずつ、回数を多く分けて食べることで、症状が緩和されていきます。1日2回の持効型インスリン注射は必要に応じて継続します。持効型であれば給餌回数は必ずしも1日2回に決める必要はありません。
 

糖尿病の猫には、消化性のデンプン/炭水化物(1%未満または微量)は一切与えないでください。おやつ類や猫缶には、たいていの場合デンプンや炭水化物が多く含まれています。おおまかな目安として、原材料表示に植物系の材料があるものは決して与えないことです。唯一、含まれていても構わない植物系原材料は、食物繊維やグアーガム(可溶性繊維)のたぐいです。これらはすべて非消化性なので、血糖値の上昇は起こりません。「ヤングアゲイン」のフードに市販の猫缶を添えて与える場合は、ごく少量にしてください。1日で小さじ1杯程度がベストです。「ヤングアゲイン」のフードに加えてさらに猫缶を1日2回も食べさせては、一気に過剰な栄養を摂取することになり、過剰な分が血糖の上昇を招きます。猫の体はつねにタンパク質を血糖に変える状態にあること、そして一度に必要な分以上の量を食べると血糖値が不必要に上がってしまうことを、飼い主さんはつねに念頭においていてください。「ヤングアゲイン」のフードはデンプンを1%未満に抑えているため、体内では水分を高く含む猫缶と同じように処理が行われ、水和作用が持続します。「ヤングアゲイン」の水和作用に関する記事をご覧ください。猫が新鮮な水をつねに飲める状態にしておいてください。
 

「ヤングアゲイン」の「ゼロ グレインフリー ハイプロテイン プレミアム キャットフード」または「ゼロマチュアヘルスグレインフリー ハイプロテインプレミアム キャットフード」のいずれかを与えている場合、猫にインスリン注射を打つ前に必ず血糖値をチェックしてください。正しい与え方をしていれば、最大85%の改善が期待できます。数日で改善がみられる場合もあれば、数週間、あるいは数か月かかる場合もあり、それは個体によって異なります。急激に改善することも決して珍しくなく、そうした改善状態にある猫にインスリン注射を打ってしまうと、猫の命を危険にさらすことになりかねません。注射前に血糖値のチェックができない場合は、「ヤングアゲイン」のキャットフードを与えないようにするか、またはインスリン注射を中止してください。詳しくは「ヤングアゲイン」の糖尿病に関する記事をお読みください。(「猫の糖尿病」)
 

血糖値が下がり始めると、必要なインスリン注射の量も減ります。猫の血糖値が200を下回るようになってきた場合は、インスリン注射は十分注意して行ってください。適量との誤差は投与し過ぎで生じるよりも少な過ぎで生じる方がまだ安全です。血糖値が150を下回る日が続くようになってきたら、改善期に入ったとみなし、インスリン注射は中止してください。治療に関する詳細は、かかりつけの獣医師におたずねください。
 

上記の内容は、「ヤングアゲイン」の「ゼロ グレインフリー ハイプロテイン プレミアム キャットフード」または「ゼロマチュアヘルスグレインフリー ハイプロテインプレミアム キャットフード」を与える場合に限っての注意事項です。この2種類以外のフードの場合には適用しないでください。

腎臓疾患の猫に与える場合

「ヤングアゲイン」の高タンパク処方のキャットフードは、腎臓疾患の猫にも与えることができます。食事の中に含まれるタンパク質の量よりも、一日に摂取するタンパク質の総量と、タンパク質の種類が肝心です。たいていの猫の場合、「ヤングアゲイン」のフードは、デンプンや炭水化物を多く含むフードの約半分の量で済みます。平均的な約4.5kg(肥満気味)の猫では、摂取量は「ヤングアゲイン」のフードでは約35g、腎臓病用の低タンパクの療法食では約65gです。換算するとどちらもタンパク質は19gですが、「ヤングアゲイン」の35gに比べて65gの方では、フードに含まれるカロリーやミネラルの量が多くなります。また、動物性タンパク質は、猫の体内での代謝が植物原料よりもはるかにスムーズに行われます。
 

最新の研究では、ミネラル分、特にリンの含有量の少ないフードが腎臓病の治療に重要であるという結果が出ています。「ヤングアゲイン」のマチュアヘルスグレインフリー ハイプロテインプレミアム キャットフードとゼロマチュアヘルスグレインフリー ハイプロテインプレミアム キャットフードは、どちらも動物性タンパク質を主原料とし、リンの含有量を低くしています(0.50%)。

猫の腎臓疾患とその治療法について

慢性腎臓病は完治が困難ですが、猫により長く幸せに生きてもらうことは、対処しだいで必ず可能です。定期的に血液検査で尿素窒素(BUN)とクレアチニンの値をチェックし、その際に尿の比重もチェックすることが、猫の腎機能の状態を確認するうえで重要です。慢性腎臓病でも数多くの猫が幸せに生活していて、ご長寿猫も決して珍しくありません。

ヤングアゲインキャットフードは自由採食法で与えてください

食器を猫1匹につき最低1個用意します。深さのあるお皿(直径20〜25cm、深さ2.5cm程度)をおすすめします。よくある直径10cmほどの猫用フードボウルは使わないでください。水用のボウルはどんな大きさでもかまいませんが、大きめのものがいいでしょう。

食器1個につき2カップのフードを入れます。フードがつねに食器の半分以上入っているようにしてください。給餌の間隔が3日以上あく場合は、入れるフードは多めにします。
 

食器の置き場所は別々にして、1匹が食事しているときには、なるべく他の猫の姿や食器が見えないような配置にします。1階と2階に分けて置くのもアイデアです。たったこれだけの簡単な与え方でいいのです。

歯のトラブル、特に歯垢の蓄積の予防にも効果的

「ヤングアゲイン」キャットフードは小粒なので、猫は丸ごと飲み込んで食べられます。これは大半の歯垢や歯石、歯肉炎の予防につながります。なぜなら、猫の歯はとがっていて、固い食物をすりつぶすのに適した形状ではないからです。肉を1切れ食べる様子を見ればわかるとおり、猫は丸飲みで食べる動物です。振り動かしてからパクパクとはさみ込むようにくわえ、そのまま飲み込みます。固い食物を無理やり噛ませれば、かみ砕かれて粉々になった食物が歯の間や歯と歯茎の間に入り込みます。それらが細菌の栄養となって歯垢や歯石を形成し、歯周病を招きます。それがもとで腎臓病を引き起こす可能性もあります。
 

ヤングアゲインキャットフードを8年間食べている猫たちは、一度も歯磨きをしていないにも関わらず、みな真珠のように白い歯をしています。

肉食動物である猫たちは、室内飼いの暮らしをどう感じているか

室内にいる猫たちは、自分のしたいことがすべてできるわけではありません。ひだまりで昼寝をしたり、読もうと広げた雑誌の上にやってきて寝そべったり、ゴミ箱をおもちゃにして遊んだりはしますが、食器にフードがない、あるいはなくなりかけているからといって、狩りにでかけて自力で食べ物を確保することは、彼らにはできません。
 

食器にまだフードが残っているのに、食器のある場所へ飼い主さんを誘導してフードをせがむことが、どの猫でも何度かあるはずです。食器のフードが半分以下に減っていて、そのとき飼い主さんもいなかったら、猫たちはいったいどうするでしょうか?たちまち気が動転してしまいます。なぜなら、食物は飼い主さんではなく自分で確保しなければというのが猫たちの生来の考え方であり性質なのに、自力では空の食器を満たすことができないからです。食器のフードが半分以下に減っていることは、猫たちにとってまるでこの世が終わってしまうように感じ、飼い主さんがいつものように食器を満たしてくれるだろうとは考えることができず、残っているフードは他の誰かに食べられる前に自分が食べてしまおうとするでしょう。1匹しかいない家でも、食べ物がなくなることを恐れて同じように食べてしまおうとするはずです。
 

家には食べ物が十分だ(つまり、底が見え始めている食器がない)と猫が認識すれば、猫は食べ過ぎることなく幸せな食生活を送ることができます。ただし、そのフードは消化性炭水化物5%以下で肉を主原料としたものであることが重要です。フードについていろいろ書いてきましたが、ご理解いただきたいことはただ1つ、肉食動物の食性に合ったフードをつねに食器に満杯にして与えることが、猫の健康維持には何よりプラスになる、ということです。

過敏性腸症候群(IBS)・炎症性腸疾患(IBD)

過敏性腸症候群になると、日に1回以上の下痢が慢性的および一時的に起こり、便には粘液が混じり、時には便秘を伴うこともあります。腹部の膨張、腹痛、嘔吐のほか、抱き上げたときや腹部を触ったときに猫が痛がるといった症状がよくみられます。主な原因として、寄生虫、神経系のトラブル、ストレス、腸の運動能力の低下、栄養失調や食物に対する不耐性などがあげられます。
 

IBSの最も一般的な原因は餌です。そのため、解決も最も簡単です。まず、炭水化物や植物原料を含むフードをやめることです。猫は肉食動物ですから、炭水化物や植物性タンパク質を摂取する必要はありません。炭水化物、植物性の油、植物性タンパク質は、消化の進み方が動物性タンパク質や動物性の油とは全く異なるため、猫の消化管のバランスを乱す可能性があります。猫が肉を食べたときは消化管が最適な効率で消化を行うので、トラブルはほとんど発生しません。
 

腸疾患のある猫の場合は、動物性タンパク質と動物性の油を主原料としたフードのみを与えることが特に大切です。
 

ヤングアゲインのキャットフードはいずれも、過敏性腸症候群の猫にも安心して与えられますので、是非お試しください。食事を変えた効果が現れるようになるには過敏性腸症候群の場合2〜3カ月かかります。根気よく与えてみてください。

アレルギーのある猫とその対処法

猫のアレルギーは、たいていは鼻水、かゆみ、消化器の3つのトラブルが、単独でまたは組み合わせる形で起こります。食物のアレルギーの場合、ほとんどの原因はタンパク質です。食物アレルギーが疑われるときは、植物性タンパク質不使用のフードに変えてみてください。ヤングアゲインのフードはすべて、タンパク質は鶏肉、豚肉、ニシンが原料の動物性のもののみを配合しています。こうした「ヤングアゲイン」のフードに切り替えれば、アレルギーのトラブルはなくなります。「ヤングアゲイン」のフードに切り替えてもアレルギー症状が改善しない場合は、原因が鶏肉なのか豚肉なのか、あるいは魚にあるのか絞り込む必要があります。

猫の食事に重要な核酸を豊富に配合

核酸の優れた点とはいったい何でしょう?猫も、人間も、犬も、その他の動物も、みな生命を維持し、成長し発達するために、つねに細胞を新たに作り出し、古い細胞と入れ替えています。現状を維持するためだけでも1分間に数百万個もの細胞が作られます。体内で細胞を作るのに必要となるのが核酸です。細胞の生成や古い細胞との入れ替えのほか、免疫細胞や消化管内壁の栄養吸収の働きを高めるためにも核酸が使われます。
 

「ヤングアゲイン」の処方したフードは精製した核酸を豊富に配合しており、まさにDNA食品であると言えます。フードに含まれた核酸は、摂取した動物の体内で吸収され、身体が最も必要とする場所ですみやかに使われます。この核酸を豊富に配合した点が、他社製品にはない「ヤングアゲイン」のフードならではの利点の一つであり、ペットの健康維持に大きな効果をもたらします。核酸を豊富に摂取すれば、免疫システムがフルに力を発揮するほか、毒素(有害な細菌類の毒やカビ毒)で損傷した肝臓の細胞をはじめ他の各組織の自己修復力が高まります。

主な利点

  • 細菌や感染症に対する抵抗力を高めます。
  • 抗体の生成を促進します。
  • 好中球と呼ばれる白血球細胞を増加させます。
  • マクロファージの数を増やします。
  • ワクチン接種の効果を高めます。
  • 栄養失調や極端な空腹状態で起こる免疫抑制作用を解除します。
  • NK細胞を活性化させ、インターロイキン2の生成を促します。
  • HLDコレステロール(善玉コレステロール)を増やします。
  • LDLコレステロール(悪玉コレステロール)を減らします。
  • 持久運動後の血液中の乳酸の蓄積量を減らします。
  • 赤血球の生成を促進します。
  • 糖尿病の場合、血糖値を下げ生存率を向上させます。
  • 肝臓の損傷の回復を促進します。
  • 肝臓の解毒力を向上させます。
  • 腸の働きを良くします。
  • 食物の消化と栄養の吸収を高めます。
  • 下痢後の腸を回復させます。
  • ストレスからの回復力を高めます。
  • 繁殖力を向上させます。
  • 健康な胎児を育みます。

ヤングアゲインペットフードは、栄養面で大きな進化を実現した画期的なフードです。核酸は自然に存在する物質なので、長期的には体に有害となりうる抗生物質などの添加物のたぐいとは全く異なり、極めて安全で、給餌に取り入れても何ら問題はありません。核酸を豊富に配合したことで、ペットの健康を最大限に高めることができます。またタンパク質、脂肪、ビタミン、ミネラルを適正なバランスで配合してありますので、栄養豊富な食生活を一生涯にわたってサポートします。
 

母猫は妊娠期から離乳期まで健康を保つことができます
自由採食法なら、授乳期の母猫も体の強さと健康状態を保ちやすくなります。母猫は体の要求に応じて食物をエネルギーに変換する作用が早まるため、栄養バランスと消化に優れたフードが最適です。

母猫は十分な量の授乳ができます

母猫が高タンパクの肉食生活を送っていれば、仔猫の授乳に支障をきたすことはほとんどありません。仔猫たちは次第に体重が増え、柔らかい食べ物は必要としなくなり自ら離乳します。離乳後の仔猫たちはストレスをあまり示さなくなりますが、自分の住み家に戻ればいつも同じ食べ物があってそれで自活できる状態なら、ストレスも軽減されます。
オス猫もメス猫も、適正な体重を保つことができます。
 

「ヤングアゲイン」のフードを自由採食法で与えると、オス猫もメス猫も筋肉質の頑丈な身体を維持します。「ヤングアゲイン」のどの製品も、与えて体重過剰になることはありません。猫の体に必要なエネルギー量に合うように処方してありますので、猫自身がもっと必要だと感じたときは食べる量を猫自身が調整します。猫が余分な脂肪を蓄えるのは、食物が不足する事態に備えること、それが唯一の理由です。したがって、食器はつねに満杯にしておくことをおすすめします。
 

ヤングアゲインは猫が好む味に仕上げています。100gのお試し用をご用意していますので、ぜひ、ご利用ください。

商品を選ぶ

アイテムから探す

ドッグフード
キャットフード
プティート・キュイジーヌグルメ猫缶
世界から集めた犬用品
世界から集めた猫用品
世界から集めた小動物用品
アウトレット

モバイルショップ